Sponsered link

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

ゴマの概要

「開けゴマ」という言葉がアラビアンナイトで出てきますが、これは中東でもゴマが大変重用されていたことから、使われた言葉です。中国では「食べる丸薬」と言われ、漢方薬として使用されていますし、日本でも、極度に食事を簡素化した善の修行僧の栄養を支える大事な食物の一つで、それは、今では精進料理という形になって残っています。

細かい栄養分を解説するまでもなくこのようなゴマの歴史を紐解くだけでも、どれだけゴマが素晴らしいものであるか、わかっていただけたかと思います。

ゴマでアンチエイジング

kenkou.shinbun_040598老化現象とは何でしょう?簡単に言うと、体が酸化していくことです。鉄が錆びてボロボロになっていく、あんなイメージです。

この酸化を防ぐことによって、老化を防ぐことができます。

しかし、人間は酸素を吸って、二酸化炭素を吐き出す事によって生きています。いくら老化を防ぐと言っても、酸素をとるのをやめるわけにも行きません。人間が生きながらして、老化を防ぐというのは、一種の矛盾なわけです。

では生きながらして、老化を阻止するにはどうすればいいか?それは、「抗酸化物質」を体内に取り入れることです。「抗酸化物質」とは見て字の通り、酸化すること=老化すること に抵抗する物質です。それが、ゴマには含まれているのです。

実は、抗酸化物質はゴマだけでなく、日頃口にする食べ物の殆どに含まれていて、特に野菜だけが不足してしまうような食事をしていなければ、必要な抗酸化物質は摂取できているのです。

ゴマが他の抗酸化物質より優れている点

しかし、ゴマは他の抗酸化物質とは違う、非常に優れた点があります。それは、ゴマに含まれる抗酸化物質であるセサミンは、肝臓に到達した時に、初めて効力を発揮することです。

他の抗酸化物質は、肝臓に辿り着く前に、その効果を発揮してしまうので、ゴマは、肝臓で効果を発揮する唯一の抗酸化物質と言えるでしょう。

では、肝臓で抗酸化物質が効力を発揮することで、どんな効果があるのでしょうか?

沈黙の臓器、肝臓の怖さとゴマの効能

肝臓肝臓は、体内の化学工場と呼ばれているほど、体内に取り込んだ栄養分を、体内で利用しやすいように分解する働きをしています。それによって、新陳代謝を活発化させたり、有害物質を解毒します。そうした非常に負担のかかる働きをしているのですが、「沈黙の臓器」と呼ばれていることからわかるように、悪くなってもあまり、自覚症状が現れません。つまり、相当肝臓が悪くなった時に、初めて肝臓が悪いと気づくため、肝臓が悪いと気づいた時には、すでに手遅れの場合がほとんどなのです。

そうした肝臓の酸化を防き、肝機能を回復してくれるのが、ゴマなのです。

ゴマでハゲも抜け毛も直るのウソとホント

これも有名な話ですが、ゴマで抜け毛やハゲが直るとも言われています。これはきちんとした科学的裏付けがあります。

一部では、ゴマのセサミンが抜け毛に効果を発揮するという指摘がインターネット上でまことしやかにされていますが、それはウソです。

上記の説明からわかるように、セサミンは肝臓で働く抗酸化物質であって、頭皮に直接関係ありません。仮に肝臓で活性化されたセサミンが、頭皮に影響が及ぶことがあるかもしれませんが、そうだとしても、それは影響とはいえないほどのものです。というか、セサミンは抜け毛に効果はないと言い切ってもいいほどです。(セサミンが抜け毛に効果があると謳っているインターネットのホームページでは、必ずセサミンのサプリメントが宣伝されています(笑)。まちがっても、抜け毛、ハゲ予防でセサミンサプリメントを買わないようにしてください。

正確には、ゴマのセサミンが抜け毛に効果があるのではなく、ゴマに多く含まれる「ビタミンE」の働きによるものです。

ビタミンEもセサミンと同じ、抗酸化物質です。このビタミンEは毛髪を健全に保つのみならず、皮膚、消化器、呼吸器などにも効果を発揮します。

ごまでコレステロール低下し血管が丈夫に

kenkou.shinbun_d0145600_1838377また、上記で説明したゴマに含まれるセサミンは、肝臓でつくられてしまうコルステロールの量を、減らしてくれる働きもあるので、コルステロール値が高い人は、ゴマを取ると症状の改善が大いに期待できます。

さらに、ゴマには鉄分も多く含まれています。この鉄分はビタミンB12と結びつくことで、造血効果を発揮します。ゴマだけでは造血に必要な栄養分が揃っていませんが、他の食品と補い合うことで、軽度の貧血であれば、すぐに治ってしまいます。これはリノール酸、オレイン酸などの不飽和脂肪酸の働きによるものです。

副次的効果として、抗ストレス作用、血行促進・冷え性改善といった症状にも効果を発揮します。

骨や歯、目の強化

また、ゴマにはカルシウムも豊富に含まれています。比率に直すと、牛乳の12倍。もちろん、牛乳と同じ量のゴマを取るのは難しいですが、少量でもゴマを取っていれば、カルシュウムが不足することがなくなります。

さらに、ゴマに含まれるビタミンB1、B2は、疲労回復、疲れ目に効果を発揮します。一日中デスクに座ってパソコンなどをしていて、体も目も疲れている人にとっては、まさにうってつけの栄養素ですね。

ゴマのの効能を最大限引き出すレシピ

意味のない間違ったゴマの使用法

これほど栄養が高く、効能のあるゴマ。手に入れやすい上に、小さいからいろいろな料理に使用されています。

しかし、残念ながら、ほとんどが、ゴマの効能を引き出せない料理ばかりです。これでは、せっかくゴマをつかっても、なんの効果も得られません。

なにが間違っているのか?それは、ゴマの効能を最大限引き出すにおいて、どんな料理にするか、はあまり重要ではないのです。大切なのは、ゴマの使い方なのです。

誤解を恐れず言えば、ゴマの効能を引き出すには、レシピなんてどうでもいいのです。重要なのは、ゴマを使用する際に、栄養素を吸収しやすい形にして利用することなのです。

ゴマの効能を引き出す料理法

ゴマは栄養が豊富ですが、その栄養素は全て殻の中に詰まっています。空を割らない限り、ゴマをいくら体内に入れても、栄養素が体内に消化されることなく、そのまま便として排泄されてしまします。

よって、ゴマを料理で使用する際には、ゴマの殻をやぶる必要があるのです。

 その一番カンタンで確実な方法が、ゴマスリです。

食卓にいつも、ゴマすり器を常備しておき、事あるごとにゴマをすってふりかければ、あなたの髪の毛はフサフサ、血管の血液はドクドク流れ、コルステロールは低下し、肝臓がフル回転になります。

最適なゴマスリ方法

ゴマスリの効能を最大限引き出すことのできるゴマすり器は、京セラのゴマ専用セラミックミルか、ポーレックスのゴマミルです。

百均のゴマすり器や、ゴマすり器のベストセラー「スリッキーN」(よくラーメン屋とかに置いてあるやつです。)の場合、ゴマをする刃がプラスティックのため、ゴマをまんべんなくスリつぶせず、まばらになることがあります。

それでは、せっかくごまをする意味がありません。

ゴマは、すられて中の栄養素が出てきた時に、初めて効果を発揮しますので、せっかくゴマすり器でゴリゴリしたのに、すられずに出てきてしまったら、意味ありません。

昔の人が、必死にゴマスリをしたのが、理解していただけたでしょうか。

今は、本当によく擦れる、セラミック製のゴマスリなんかもありますから、ゴマの効能を最大限引き出すには、そういったものを利用するのが吉ですね。
京セラゴマすり器

 

  • +0
  • -0
  • 0 ratings
0 ratingsX
Like! Dislike!
0% 0%

おすすめ記事

コメントを残す