Sponsered link

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

肩こりが30秒で解消するあべこべ体操の原理とは?

肩こりも即効解消!あべこべ体操の原理と効果をあげるための目的別方法 1

 肩こりの原因の一つに、血行不良があります。血の流れが悪くなると、筋肉に十分な酸素や栄養分が供給されなくなるために、筋肉の疲労回復が行われなくなってしまうためです。逆に言えば、体の血液の流れを良くすることで、疲労回復が早まり、肩こりなどもすぐに解消されるようになるわけです。

では、最も効率よく体の血液の流れを良くするには、どうすればいいのでしょうか?

それは、体の中でも特に血液の流れが悪くなっているところを重点的に動かしてやることです。あべこべ体操とは、あべこべな動きをすることからついた名前です。あべこべなことをするということは、普段しない動きをするということで、これは言い換えれば、体の中で、もっとも血液の流れが悪くなっているであろう場所に着目し、そこを重点的に動かすための体操であると言い換えることができます。

 もっとわかりやすく言うと、あべこべ体操では、日常では知らず知らずのうちに使わなくなっている筋肉を意識的に動かすことであって、だからこそ、他の体操よりも即効性を持って、コリを解消できるのです。

全てのあべこべ体操の動きを調べてわかった!たった一つの共通点

 あべこべ体操はいろいろなバリエーションがあり、その動きには無限の組み合わせがあります。複雑なあべこべ体操を習得するために、あべこべ体操のレッスンまであります。

 あべこべ体操は普段とちがった動きをしなければならないために、なれないうちは大変難しく感じるかもしれません。

平均的なあべこべ体操のレッスンは3000円からで、パーソナルレッスンだと1万円、企業の出張クラス、セミナーだと10万円と、かなり高額ですね。こんなにお金がかかるなら、あべこべ体操は私には難しいなぁ、と思うかもしれません。

肩こりも即効解消!あべこべ体操の原理と効果をあげるための目的別方法 4

しかし、全てのあべこべ体操の動きを調べているうちに、ある一つのことに気づいたのです。

それは、全ての動きがあべこべだということです。つまり全てのあべこべ体操のたった一つの共通点、それは、「あべこべ」だということです。

 つまり、あべこべな動きをすることで、あべこべ体操になるわけです。

しかし、このあべこべな動きをするのが、意外とできないんですね。簡単なようでいて難しいこのあべこべな動き。

どうすればいいのでしょうか?

これだけで完璧!あべこべ体操の基本動作3つ

 初めのうちは試行錯誤だったであろう北洞先生のあべこべ体操。その動きも、見よう見まねでやってみるほかはありませんでした。

 しかし、次第に洗練されていくことで、北洞先生は、あべこべ体操の基本動作として、3つの動きに行き着きました。

 まさにこの基本動作の3つにあべこべ体操の全てが集約されていると入って過言でもありません。

このあべこべ体操の3つの基本動作を習得することで、疲れない、肩こりのない、腰痛のない体を手に入れましょう。

 

基本動作1 体を横にあべこべに動かすCとSの動作

あべこべ体操の基本動作のなかでも、一番動きが大きいのが、この横に動かすCS動作です。

からだ全体が疲労している時、腰が痛い時などには大変効果的な動きです。

この動きは、頭と背骨と骨盤をあべこべに動かします。それによって、体の使われていない部分をダイナミックに動かすことで、大変な血流改善効果を得ることができます。

 体が全体的に疲労している時などは、この動きをすることで、全身の疲労回復に効果が期待できます。

基本動作2 体を前後にあべこべに動かすCとSの動作

この動きは、腕を使うために、肩まわりの疲労回復に効果があります。また、猫背気味な人にも、背筋をピンと伸ばす効果があります。

肩こりがひどい人などは、これをやるだけで、驚くほど肩こりからはやく解消されるようになるでしょう。

 

基本動作3 目と首と肩をあべこべに動かす動作

 これはデスクワークなど、目を使う人、頭をつかう人などに大変効果のある動きです。特に大きく動くわけでもなく、脳に直結した神経を動かすので、頭のリフレッシュに大変効果があります。

 仕事の合間に、この動きを採り入れることで、肩もこらず、仕事の効率が上がることまちがいなしです。

あべこべ体操の応用 後ろ歩きダイエット

上記、基本動作は、あべこべ体操のエキスを煮詰めた動きであって、これだけをやれば、効率的に体の中の滞留した血液の流れを活発化させることができます。

 しかし、全てに共通していることは、あべこべに動かす、という基本原理です。

この基本原理さえわかっていれば、あらゆる動きに応用することができます。

たとえば、後ろ歩きダイエットというものがあります。これは普段前向きにしか歩かないのを、後ろ向きに歩くことによって、ももの内側やお尻の脂肪をより多く燃焼するというものですが、これも、あべこべ体操の応用とも言えるでしょう。

 あなたも、日常にあべこべ体操の考え方を採り入れ、健康を手に入れてください。

あべこべ体操の原理と効果!3つの基本動作で 1

  • +0
  • -0
  • 0 ratings
0 ratingsX
Like! Dislike!
0% 0%

1コメント

  1. 一回やっただけでも体が軽くなりました。
    慢性的肩こりだったので毎日やってみます。
    得した気分\(^^)/

コメントを残す