ホーム » 生活 » オロナインパックで皮膚障害も?危険なほど角栓が取れる理由

オロナインパックで皮膚障害も?危険なほど角栓が取れる理由

Sponsered link

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

傷を治すはずのオロナインで皮膚障害に?

  「オロナイン軟膏を約1週間塗布したと ころ,頚部全体に淡褐色の枇糠疹様落屑を認め, さらに10日後にはちりめん雛様の落屑となり,乾 燥感緊張感を訴えるに至った」というのは23歳の女性である。二週間オロナインを塗ったとされるやはり23歳の女性の場合は、高度の落屑を生じ発赤をも伴ったという。

オロナインパックで皮膚障害も?危険なほど角栓が取れる理由 1  - 067edac4532aed539f79af5504e3580e 01 250x180 - オロナインパックで皮膚障害も?危険なほど角栓が取れる理由

 これは東京女子医科大学の中村敏郎教授によって報告された「オロナイン皮膚症」という論文に写真付きで紹介されている症例だ。

http://ir.twmu.ac.jp/dspace/bitstream/10470/1646/1/4107000004.pdf#search=’

 中村教授の論文によると、4年間の外来を見てきた中でも65例のオロナインによる症例を実際に見てきた経験から、オロナインが大衆薬として広く販売されている状況も鑑みると、かなりの数でこのオロナイン皮膚症が発生しているのではないかとし、その適切な利用法を周知させるべきだと警鐘を鳴らしている。

 傷を治すはずの薬だから、体にわるいはずがないと思い込んで、化粧品代わりに使用すれば、かえって皮膚障害を起こし、肌が荒れてしまう危険性があるのです。

オロナイン皮膚症の原因

 中村教授によれば、オロナイン皮膚症の原因は陽イオンの界面活性剤の脱脂作用に基づくものではないかと結論づけている。

 界面活性剤とは、簡単にいうと混ざらないはずの水と油を混ぜる働きがあるものです。その性質を利用して手についた油汚れなどを落とすために、石鹸やシャンプー、洗剤などに使用されますね。

 界面活性剤は汚れを落とすのに大変優れた効果を発揮する反面、脂分を落としすぎてしまうため、たとえば、頻繁にシャンプーを手にする美容師さんなんかは、皮膚に必要な脂分まで落としすぎてしまい、恒常的に手荒れに悩んでいるのは有名な話です。

 これも、界面活性剤が原因です。

それに関して下記に詳しく書かれています。

 その汚れを落とす界面活性剤でも様々な種類がありますが、頻繁に肌に触れるようなものに使用するものは、肌により負担の少ない陰イオンの界面活性剤が用いられます。

 では、なぜオロナインがわざわざ肌に負担があるはずの陽イオンの界面活性剤を使用しているかというと、陽イオン界面活性剤は陰イオンのものに比べ、消毒効果が優れているためです。

 つまり、擦り傷のように傷口が汚れた特殊な状況下においては、皮膚への影響よりも、消毒効果を優先したほうがイイのではとのことから、皮膚には良くないものの、より消毒効果の強い界面活性剤が用いられているというわけなのです。

 ちなみに陽イオン界面活性剤が使われている製品には、家庭用洗剤などがあります。

 であるから、当然、オロナインを恒常的に塗り続ければ、皮膚が荒れてくるのは、当然の結果なのです。 

オロナインは傷を治すための軟膏ではない?

 「おいおい!そんなバカな!ちょっとした事実を誇張して、恐怖心を煽ってるだけだろ?」「そもそもオロナインは、傷を治すためのクスリだろ?正式な認可を受けて、古くから薬局で売られているクスリなはずなのに、それが体にわるいはずがないだろ?」と思いますよね?

 誰もがそれをつい最近まで、信じて疑わなかったのです。医者でさえもです。しかし、最近になって、オロナインが傷を治す効果について、疑問を持つどころか、否定的な見解を唱える医者が出てきました。それどころか、傷を治すにはオロナインH軟膏を使うなという意見のほうが今、主流になりつつあるのです。

整形外科 医長 中川 洋寿「オロナインのような消毒液の入った軟膏は塗らないでください。

オロナインパックで皮膚障害も?危険なほど角栓が取れる理由 1  - 067edac4532aed539f79af5504e3580e 01 200x200 - オロナインパックで皮膚障害も?危険なほど角栓が取れる理由

順天堂大学医学部 非常勤講師医学博士 末武 信宏 「オロナインH軟膏は基材がクリームのため傷には絶対に塗ってはいけない

- 067edac4532aed539f79af5504e3580e 02 200x200 - オロナインパックで皮膚障害も?危険なほど角栓が取れる理由

こうした主張の元となっているのは、湿潤療法を提唱した夏井睦先生に端を発します そのバイブルと呼ばれるのが次の本です。読者レビューを見ていただければ、いかに先生の提唱がすごいものかがわかってもらえると思います。 → 傷はぜったい消毒するな 生態系としての皮膚の科学 (光文社新書)- ir t masamania 22 l as2 o 9 a 4334035132 - オロナインパックで皮膚障害も?危険なほど角栓が取れる理由

オロナインH軟膏で傷が治るというのは、メーカーの巧みな宣伝によって、消費者がそのように誤解しているだけであって、オロナインH軟膏を使用することで、傷が治るという医学的にもありえないのです。

 多くの人が勘違いしているのですが、オロナインを塗ったから傷が治るのではありません。オロナインを塗っても塗らなくても傷は治ります。オロナインはただ、消毒をするためのクリームにすぎないのです。

スポンサーリンク

オロナインで角栓がごっそり取れる恐ろしい理由

オロナインパックで皮膚障害も?危険なほど角栓が取れる理由 2  - 067edac4532aed539f79af5504e3580e 02 - オロナインパックで皮膚障害も?危険なほど角栓が取れる理由

インターネットでは、面白おかしくオロナインパックでごっそりと角栓がとれると無関係な衝撃的グロテスクな写真とともに紹介されているのが散見されます。

興味を引くタイトルと、びっくりするような画像で、思わずクリックしてしまいますねw

そして、そんなに角栓がとれるなら、試してみたい!と思ってしまう人も多いのではないでしょうか。

でも、オロナインでの鼻パックは肌荒れの危険性が多分にあることは上記の説明通りです。

オロナインパックで皮膚障害も?危険なほど角栓が取れる理由 3  - 067edac4532aed539f79af5504e3580e 03 - オロナインパックで皮膚障害も?危険なほど角栓が取れる理由

 鼻の角栓をとるための専用コスメ商品は数多く発売されているにもかかわらず、なぜ専用品でもない、オロナイン軟膏が専用のものを差し置いて、圧倒的に角栓をとることができるのでしょう?

 これは上記の論文を執筆した中村教授が指摘するオロナイン皮膚症の考察に照らしあわせて考えると、角栓が取れる理由はオロナインによって皮膚を破壊しているからなのです。

  軟膏は細胞膜を溶かします。 溶かして薬の浸透を良くします。 肌が滑らかになった気がするのは、そのせいです。 だから滲みたりします。 

 オロナインパックによって、汚れを落としているのではなく、皮膚の細胞組織を破壊しているので、一見するときれいになっているように見えるのです。いや、たしかに、見た目は一瞬、きれいになるのは事実です。

 しかし、それと引き換えに、肌の表面のバリアが破壊されているのです。

オロナインを塗り続けて、皮膚がビニールのようになる人がいるのは、そのせいなのです。

角栓は皮膚の一部であり必要悪?

 角栓はいうなれば、皮膚の一部分みたいなものです。ですから、角栓を一時的に取りのぞいたところで、すぐにまた再生してしまいます。

 なぜなら、角栓は毛穴から雑菌やウィルスが侵入しないように栓をしてるものだから、お肌を健康に保つ上で、必要なものだからです。

それをオロナインは破壊してしまうのです。その破壊されたものをパックで引っこ抜けば、そりゃ、汚れが取れるのもある意味当然でしょう。しかし、それと引き換えに、そこから雑菌やウイルスが進入しやすくなってしまいます。

つまり、オロナインパックとは、皮膚を化学的に破壊して、皮膚の一部を引き剥がしているようなものなのです。

 たとえそうであっても、気持ち悪い角栓を一時的にでも取り除けるなら、取り除きたいと思うのが人情かもしれませんね。

 どうしてもというのであれば、オススメはしませんが、忘れてはいけないのは、オロナインパックをやるたびに、皮膚がダメージを受けているということです。

オロナインパックは劇薬みたいなものです。劇的な効果を体験できるかもしれませんが、やり過ぎると、確実に皮膚を破壊します。

絶対にやり過ぎないようにしましょう。

では、角栓による汚れを取り除きたい場合、角栓による黒ずみを消したい場合はどうすればイイのか?

それはまた次の記事で紹介したいと思います。

  • +1
  • -0
  • 1 rating
1 ratingX
Like! Dislike!
100% 0%

おすすめ記事

スポンサーリンク

こちらもお読みください

- a9f4dfb78735d62037da231e32b68ce3 01 - 【決定版】花粉症の肌荒れの原因と正しい処置を徹底解説

【決定版】花粉症の肌荒れの原因と正しい処置を徹底解説

Sponsered link …

5 comments

  1. オロナインパックで皮膚障害も?危険なほど角栓が取れる理由 https://t.co/YWWeEO8vcO @kenkoushinbunさんから

  2. 説得力が弱いね。
    論文引っ張ってきても内容が薄っぺらい。

  3. オロナミンパックはともかく傷に消毒液がダメって…
    ほっときゃ化膿するじゃん。どこぞの学者さんの少数意見引っ張り出して鵜呑みにしてるだけに思える。
    その意見垂れ流すのほうが危なく感じるんですが。

  4. オロナインパックで皮膚障害も?危険なほど角栓が取れる理由 https://t.co/b94ZIgqtoZ

コメントを残す