Sponsered link

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

クリームでも石鹸を変えても背中ニキビが治らない!

背中ニキビを治そうと思って、誰もがまず思いつくのが、ニキビ用クリーム。

ドラッグストアに行くと、たくさんの商品が棚に並んでいます。書かれている処方の通りにクリームを塗るけども、なかなか治らない。で、ニキビの原因はお肌の汚れだということで、スキンケアのために、ニキビ用の石鹸を購入したり、寝汗やまくらの汚れが原因だと、カバーを毎日洗濯したり。

たしかにそうした直接ニキビに対策を講じる処置は、一番直接的で、一番効果がある方法のように思うかもしれません。

しかし、たしかにそうした方法で、今あるニキビの症状を抑えたり、なくしたりすることができるかもしれませんし、それでニキビを無くすことに成功する人もいるかもしれません。

しかし、それもつかの間、新しいニキビがすぐに出てきてしまった・・・なんて方もいて、途方にくれている方もいるのではないでしょうか。そうしたかたは、単純に、皮膚の汚れがニキビの原因ではないのです。

背中ニキビが治らない

年齢別の対策が大事

中学生の頃を思い出してください。同級生の人たちには、顔にたくさんのニキビができている人がたくさんいたのではないでしょうか。そしてその人達の殆どは、今はもうニキビはないのではないでしょうか。

なぜなら、11歳から13歳あたりの、いわゆる思春期と呼ばれる時期は、ホルモンの活動が特に活発で、皮脂が皮脂腺からたくさん分泌され、それが毛穴に詰まるからです。

しかし、年齢が進むに連れ、ホルモンの活動が落ち着いてくるため、ニキビもそれに応じて次第に治まってきます。そして、男性の場合は、その後はあまりニキビに悩まされることもなくなります。

しかし、女性は成人後も、ニキビに悩まされる人がいます。その大きな原因は、生理によってホルモンバランスが崩れるためである場合があるのです。

ニキビが出来るのは、確かに皮膚の表面を不衛生にしていることが原因だったり、様々な複合的要因を考えることができますが、いままでクリームや石鹸やまくらなどを試してみても、ニキビがまた出てきてしまうのであれば、ホルモンバランスの崩れを疑ってみてください。

ヨーロッパでは50%日本では1%のピル

 ホルモンバランスをコントロールするのに用いられる薬として、代表的なものがピルです。ピルと聞くと、日本人の多くは「避妊薬」を思い浮かべることでしょう。

たしかにピルはもともと避妊するために整理をコントロールする薬として研究、開発されてきた経緯があります。

近年、研究も進み、ピルの安全性が高くなってくると同時に、ピルによってもたらされる美容的な側面も注目されるようになってきました。

そうしたピルの中でも、特に体への影響が少なく、一般的なのが、、トリキュラーですね。一度は名前を聞いたことがあるかもしれません。

kenkou.shinbun_3268160011_b56fe71fdf_b

ピルのもたらすメリットとして次のようなものがあります

  • 生理痛の軽減
  • 生理不順の改善
  • 美肌効果
  • 卵巣ガン、子宮がんの予防
  • 多毛症の改善

こうしたことから、特に医療先進国である欧米、特にヨーロッパでは積極的にピルが活用されており、その普及率は50%を超えると言われている一方、日本ではその普及率は1%にも満たないのが現状です。

しかし、現在ではそうした研究成果が知られるようになり、またいわゆる低用量ピルの安全性も非常に高くなってきたこともあり、日本の産婦人科でも低用量ピルの使用を積極的にすすめる医者も出てきました。

安全性第一の入手方法

現在の、いわゆる「低用量ピル」の安全性は格段にあがっており、健康な女性であればほぼ副作用は心配しなくても良くなってきてはいます。しかし、ピルはホルモンをコントロールする薬であり、間違った使用をすれば、大変なことになってしまいます。よって、当然、市販されてはおらず、入手するには、医者の指導と許可が必要となります。

もしあなたが、低用量ピルピルの使用を考えているのであれば、まず、産婦人科に行って、まず医者に相談し、医者の指導を仰ぎましょう。

インターネットを利用した個人輸入通販の落とし穴

実は低用量ピルは医者に行かなくても、インターネットを利用した個人輸入通販で入手することもできます。もしあなたが、すでに使用している薬で、その使用方法を熟知しているのであれば、インターネット通販を利用することは、薬を入手するにあたっての面倒な労力やコストを大幅に抑えることができ、大変便利です。

インターネットを利用した個人輸入は、今では大変便利になり、その購入手続きも、楽天やアマゾンで買い物するのと、ほぼ同じ手続きでできるようになっています。

しかし、あなたがインターネット通販で購入した薬が偽物だったとしても、あなたは全く気づくことができないのです。特に現在、流通している薬の模造品は、パッケージも色も形もほぼ本物としても遜色ないものだと思ってください。

それが偽物かどうかは、成分分析をして初めてわかるほど、精巧な出来栄えなのです。

低用量ピルが安全とはいえ、偽物の薬を服用してしまったら危険です。安易に個人輸入を利用するのはやめましょう。

  • +0
  • -0
  • 0 ratings
0 ratingsX
Like! Dislike!
0% 0%

おすすめ記事

コメントを残す