Sponsered link

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

花粉症ななぜ起こるのか?

特に花粉症がひどい人は、ついつい手当たり次第、いろいろな対策をしてしまうと思いますが、

たくさん薬を飲めばなるものではありません。それどころか、薬には副作用もありますので、

服用量、服用方法を順守するのが必要です。

 

そのためには、花粉症が起こるメカニズムを理解し、それぞれの花粉症対策が、

どのように作用しているかを知ることにより、より効果的に、安全に花粉症を予防することができます。

花粉症が起こるしくみは、単純に言うと、花粉が鼻や目の粘膜に付着したときに起こるアレルギー反応です。

花粉症に効く

このアレルギー反応が起こるしくみは、二段階にわかれます。

1,花粉が体内に進入する >免疫細胞が花粉に対する抗体が作られると花粉症になる。
2,再び花粉が体内に進入する >抗体が花粉を追い出すに伴い、くしゃみや涙がでる。

この2つのプロセスを、様々な方法で軽減したり、阻止したりするのが花粉症対策です。

花粉症をとめるにはどうすればいいのか?

花粉症の症状を止めるために、3つの方法がとられています。

1、そもそも抗体が作られないようにする
2、花粉が付着した際のアレルギー反応を抑える
3,花粉が付着しないようにする

では、3つの対処に関して、具体的な方法を見て行きましょう。

そもそも抗体が作られないようにする

これは、効果が発揮されるまでには、時間がかかり、即効性がないので、通常は花粉のシーズンが始まる前から対策することになります。

対処方法としては、薬の服用、注射、および体質改善などがあります。

薬の主なものとしては、抗アレルギー薬などがあります。

 

これは薬を服用したり、注射によって抗体を体の中に入れることによる処方があります。
コレに関しては、

花粉が付着した際のアレルギー反応を抑える

これは、アレルギー反応に直接働きかけるため、多くは即効性があります。

対処方法としては、薬の服用、塗布です。

即効性があるものの、その効き目も、くしゃみだけ、はなみずだけといった限定的なものであったり、効果が短時間しかないものであったりします。

また、比較的副作用が強いのも特徴です。

薬の種類としては、抗ヒスタミン薬やステロイドと呼ばれているものです。

効果がすぐ現れるものの、効果が切れるのもはやいため、ついついたくさん使いすぎてしまいますが、薬の特性、特に副作用をよく知った上で服用するようにしましょう。

花粉が付着しないようにする

これは、一番簡単で、確実な方法ですが、面倒であるのが一番の欠点です。

対処方法としては、マスクをしたり、サングラスをしたりすることによって、花粉が眼や鼻に進入することを阻止します。

非常に安価で且つ安全ですが、面倒であるのが欠点です。

また、鼻の粘膜をレーザーによって焼いてしまうことによって、花粉が抗体と付着することを阻止するという方法もあります。

これも、即効性があるものの、粘膜は時間が経つと再生してしまうので、この効果も限定的です。

まとめ?

このように、花粉症のメカニズムと、段階に応じた対処法をしることによって、安易に薬や医者に頼るのではなく、自ら薬と医者の処方を選択していくつもりで、確実に花粉症に対処していきましょう。

じゃばらが花粉症に効く?

今、にわかに注目をあつめているのが、じゃばらという柑橘類です。今、もっとも注目を集める花粉症対策食品と言っても、過言ではないかもしれません。

じゃばらはもともと、みかんの産地で知られる和歌山県の、北山村に自生していた自然雑種の柑橘類でした。

「邪気を払う」という名前から命名された柑橘類で、ほかの柑橘類よりもおいしく、世界的に見てもまったく新しい品種であることが判明し、村の特産物にしようと、種苗名称登録許可を得て、大規模な栽培をはじめました。

そうして販売していくうちに、じゃばらを購入した人たちから「じゃばらは花粉症を抑制する効果がある」という声が聞かれ、花粉症対策に大量に購入する人が次々と現れました。

その効果の高さから、口コミがあっという間に広がり、それを追う形で、テレビやマスコミ等でも取り上げられるようになりました。 まさに、その口コミから広がった本物の花粉症対策食品といっても過言ではありません。

じゃばらの特徴

じゃばらの見た目は、丸くて黄色で、パッと見た感じはユズに似ています。

味は酸っぱくてほんのり苦いくせのある味なので、実際食べてみると、好きな人はとことんハマってしまうと思います。

酸っぱさと苦味が苦手な人も、花粉症に効くと言われれば、その味も、旨味に変わってくるのではないでしょうか。

なんでじゃばらが花粉症に効くのか?

じゃばらが花粉症に効く口コミで広がった花粉症への効果の後を追う形で、和歌山県工業技術センターをはじめ、岐阜大学や様々な機関がその成分などを科学的に検証しました。

それらによると、じゃばらには「脱顆粒現象を抑制する機能がある」ことが判明しました。

この脱顆粒現象というのは、非常に難しい現象ですが、大雑把に言うと、花粉症の症状を引き起こす顆粒が、細胞から放出される現象を抑える効果のことを言います。

上記にそっていうなれば、花粉が付着した際のアレルギー反応を抑える効果があると言えます。

多くの食品は、抗体が作られにくいよう体質改善を促すものが多いのですが、アレルギー反応を抑えるのに直接作用する食品は、珍しいと言えます。

これが、多くの人が、「効果があった」と感じた理由なのかもしれません。?

また、じゃばらが優れているのは、自然の果物である点です。つまり、薬と違い、副作用をあまり気にすることがないのです。

もし花粉症でお困りであれば、あなたも今年はじゃばらを試してみてはいかがでしょうか。

北山村産ののみやすいじゃばらサプリ。

じゃばらのジュースを始めとした各種商品

  • +0
  • -0
  • 0 ratings
0 ratingsX
Like! Dislike!
0% 0%

コメントを残す