ホーム » 美容 » ファンデーションのムラの直し方!崩れる原因を理解しよう

ファンデーションのムラの直し方!崩れる原因を理解しよう

Sponsered link

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

ファンデーションのムラができやすい場所

分厚く塗ったはずなのにファンデーションが崩れてきてしまう。ファンデーションを変えてみたけど化粧の崩れが直らない。

ファンデーションの崩れが起こりやすいのはだいたい決まっています。

その場所とは、目元、眉、唇、口周り。これらに共通することはなんでしょう?すでにお気づきのかたもいるかと思いますが、これらの箇所は、非常に動きのある場所です。

ファンデーションにムラができる原因

メイクのプロフェッショナルがどんなに高価なファンデーションを使ったとしても、時間がたてばメイクは必ず崩れて、ファンデーションにムラが出てきます。

その原因は筋肉と新陳代謝です。

人間の顔の下には、表情筋と言われる30種類以上の筋肉が細かく張り巡らされています。これらが人間の表情を作り出しているのですが、意識していなくてもこれらの筋肉は絶えず細かく動いています。それによってどんなに丁寧に塗ったファンデーションであっても崩れてしまうのです。

とくに上記で上げた目元、眉、唇、口元は特に動きのある場所なので、非常にすぐにファンデーション崩れが起きます。

さらに筋肉の上にかぶさっている皮膚は常に代謝を繰り返す過程で皮脂や汗などの水分が排出されています。つまり、皮膚の上に塗られたファンデーションはその下から排出される皮脂に押し出される形で、崩れていってしまうのです。

「ファンデーション 崩れる」の画像検索結果  - 0fd6a7ec85206b49d61850c1418f5839 - ファンデーションのムラの直し方!崩れる原因を理解しよう

多くの人が勘違いするファンデ崩れ対策

ファンデーションが崩れてしまうのは、多くの場合、ファンデーションの性質の悪さではありません。

つまり、どんなに性能のいいファンデーションを使っても、あるいはどんなにファンデーションを厚塗しても、さほど効果的にファンデーション崩れを防止できるわけではないのです。

特に注意したいのが年齢です。

10代、あるいは20代前半の若い人であれば、肌がまだ潤いと柔軟性があるために、ファンデーションのノリもいいために、崩れにくいのですが、30代に差し掛かると、肌がカサカサになってきて、より早くファンデーションが崩れてきてしまいます。

「肌の潤いがない」の画像検索結果  - f5c6a1c8 d6f1 4e0e b048 6ada44c71fc1 - ファンデーションのムラの直し方!崩れる原因を理解しよう

大切なのはムラの防止よりもメイク直し

メイキャップのプロフェッショナルは、ファンデーション崩れに対して、どういう対応をしているでしょうか?

メイクさんたちは、もちろん完璧な化粧を目指しますが、それで終わりとは考えていません。特にファンデーションに関しては、崩れやムラを防止しようとするよりも、ファンデが崩れた際の塗り直し、重ね塗りに重点を置いています。いうなれば、メイク直しは化粧において欠かすことのできない化粧の一部なのです。

 テレビや映画の撮影現場で、メイクさんがパフを持って絶えず女優さんについて回っているのは、メイクさんの仕事は化粧をしておしまいではないからです。

よって常に化粧直しのできるメイク道具を持ち歩くことも、化粧の一部といえます。

スポンサーリンク

「ファンデーション ムラ」の画像検索結果  - bcae2e21 646f 4f53 a320 b682ec1ae682 - ファンデーションのムラの直し方!崩れる原因を理解しよう

ファンデーションのノリをよくするちょっとしたコツ

 化粧のノリとは、突き詰めて言えば、ファンデーションと皮膚とのくっつき具合だともいえます。では、ファンデーションはどうしたらよく皮膚にくっつくのでしょうか?

 前述したように、若い子は化粧のノリがよく、30代になると、途端に化粧のノリが悪くなってきます。これは、お肌に含まれる水分が減少し、潤いが失われていくことに原因があります。

 つまり、ファンデーションが崩れないように、皮膚にファンデーションをよくくっつけるには、皮膚の水分、潤いが必要です。つまりお肌の保湿が大切になってきます。

 保湿は普段からの心がけが大切になってきますが、とりあえずファンデーションが崩れて塗り直すときにも、保湿が大いに役立ちます。

 よってプロのメイクさんたちは、ファンデーションを塗る前に、シュッとミストをかけます。これによって、ファンデーションのノリが格段に良くなるのです。

「ミスト 一吹き」の画像検索結果  - 2015y04m09d 221413314 - ファンデーションのムラの直し方!崩れる原因を理解しよう

ファンデーションのムラ直しでやってはダメなこと

 プロのメイクさんたちがファンデーションを塗り直す際、あぶらとり紙を使わない人が多いのをご存知ですか?

 これはお肌の潤いがファンデーションのノリを良くしているというのを経験的に知っているからです。

 あぶらとり紙でお肌の油を取ってしまうと、カサカサの肌が露出することになります。そこにファンデーションをぬっても、すぐに崩れてしまいます。

 ファンデーションを重ね塗りするときは、まずシュッとミストをかけた後に、ムラになっている部分をパフで軽く叩くようにならしていきます。ゴシゴシこすってはいけません。

 均一に伸びたところで、ファンデーションを重ね塗りしていきます。

「あぶらとり紙 」の画像検索結果  - kyodai use - ファンデーションのムラの直し方!崩れる原因を理解しよう

重ね塗りを第一に考えたファンデーション選びを

 ファンデーションは崩れ防止よりも重ね塗り、塗り直しが大切だということがご理解いただけたでしょうか。

 よって、ファンデーションを選ぶ際も、重ね塗りされることを前提に考えられた軽いファンデーションを選ぶのがいいでしょう。

 さらにファンデーションに保湿成分が使われていれば、なおいいでしょう。

軽いと評判のファンデーションメイクベースエステクリーム【心花の彩】
- 0 - ファンデーションのムラの直し方!崩れる原因を理解しよう

  • +1
  • -1
  • 2 ratings
2 ratingsX
Like! Dislike!
50% 50%
スポンサーリンク

こちらもお読みください

Image result for コンドーム  - 190e5a6901168fe5b5173c213d9b07112b421209 9 - 保存版!コンドームの正しくない使い方が非常時に役立つ?

保存版!コンドームの正しくない使い方が非常時に役立つ?

Sponsered link

One comment

  1. ファンデーションのムラの直し方!崩れる原因を理解しよう – https://t.co/DidMYtPSno https://t.co/JiVPXCO566

コメントを残す