ホーム » 生活 » 消毒や絆創膏が妨害していた?湿潤療法で傷跡が残らずきれいに治る理由

消毒や絆創膏が妨害していた?湿潤療法で傷跡が残らずきれいに治る理由

Sponsered link

この記事を読むのに必要な時間は約 13 分です。

 怪我をしたら、傷口をマキロンなんかできれいに消毒して、メモやオロナインH軟膏みたいな軟膏を塗ってガーゼをあてたり絆創膏をはる。という人がほとんどではないでしょうか。しかし湿潤療法では、それは最もやってはいけないことなのです。

 傷口からバイキンが入ったら、傷口が化膿してさらにひどい状態になるはずです。絆創膏を貼って置かないと、傷口にバイキンが入ってしまいますし、傷口から出てくる膿がそのままになって、さらに治りがおそくなってしまうのではないでしょうか?

しかし、消毒して、絆創膏を貼っていたために、実はなかなか傷が治らず、しかも治った後に傷跡が残ってしまうということが、最近になってわかってきました。

 一体、今までの手順の何が間違っていたのでしょうか?そしてどうすれば傷の残さず、早く治すことができるのでしょうか?

消毒はバイキンも殺すけど傷口ふさぐための細胞も殺す

 傷をしたら、傷口からバイキンを取り除かなければなりません。今までは、そのために消毒をしてきました。徹底的に消毒をすれば、ほとんどのバイキンを死滅させることができるでしょう。

 しかし傷の場合、バイキンがなくなっただけでは、完治とはいえません。傷の周りの皮膚が再生されて、傷口が塞がって、初めて傷が治ったといえるでしょう。

 では、傷口の皮膚が再生され、傷口が塞がるのに必要なものは何でしょう?

それは表皮であり、表皮が再生するには真皮が必要です。

関連画像 湿潤療法 - doublo 11 - 消毒や絆創膏が妨害していた?湿潤療法で傷跡が残らずきれいに治る理由

 傷ができて表皮が切れたり失われたりすると、真皮が再び表皮を再生して皮膚が再生されて、傷口が塞がれていきます。つまり、傷口を塞ぐためには、真皮という細胞組織が表皮を再生しようとする細胞の活動が必要なのです。

 しかしながら消毒をすると、真皮や表皮の細胞自体を破壊してしまうのです。

消毒はバイキンも殺すけど、傷が治るための細胞も殺してしてしまうのです。皆殺ししてしまうわけです。

 つまり消毒し続ければ、いつまでたっても傷口は塞がらないのです。

人間の体は怪我する前からバイキンだらけ

 バイキンが傷口に化膿を起こすのは事実です。となれば、傷口からバイキンを取り除くべきだと考えることでしょう。しかし、バイキンを殺すための消毒は、バイキンだけでなく、無関係な細菌も殺してしまうし、細胞を破壊してしまうのです。

 そもそも、全てのバイキンが化膿を起こすわけではありませんし、もともと人間の体は、怪我をして傷ができる前からバイキンだらけです。バイキンにもいいバイキンもあり、悪いバイキンもあるのですが、そうしたバイキンを総称して常在菌といいます。これら常在菌が全て、化膿を起こす原因とはなりません。あるいは化膿を起こしそうな悪いバイキンが出てきたら、そのバイキンをやっつけるいいバイキンもいます。

 よって傷口にバイキンが入って、そのままにしておいても、化膿しないこともあるどころか、むしろ、傷が化膿するような感染状態になることのほうが少ないのです。

皮膚常在菌単独で化膿させようとすると,とんでもない量の細菌が必要なのだ。
 しかし健康人で,これほどまでに細菌が増えることはほとんどない。ということは,細菌単独で感染を引き起こすのは,予想以上に大変なことであり,ほとんど起こらない現象だといえる。
新しい創傷治療

「常在菌」の画像検索結果 湿潤療法 - hihu jyozaikin62 - 消毒や絆創膏が妨害していた?湿潤療法で傷跡が残らずきれいに治る理由

傷跡を残さずに治すためにはどうすればいい?

 怪我したりやけどをした時に、傷跡が残らないように治したいと誰もが願うことでしょう。傷が表皮、真皮までの比較的浅い傷である場合に限って言えば、傷跡とは死んだ細胞の残りカスです。

 もし細胞が生きていれば、傷がふさがっていく段階において、その部分は、再生を繰り返していって、やがて皮膚はきれいにくっつきます。

 しかし、生きた細胞に死んだ細胞の残りカスが混じっていると、皮膚が再生するところに、死んだ細胞が混入し、それが傷跡となって残ったままになります。死んだ細胞は再生しないから、そのまま黒いまま残ってしまうということは、ご理解いただけると思います。

 またもちろん、皮膚がくっつく際に、そこに異物があってその上から皮膚がくっついてしまえば、それも傷跡となります。

 よって、傷から異物を取り除くのは勿論ですが、傷を治療する際に、細胞が死なないように心がけることも、傷跡をきれいにすることの秘訣です。

 では傷を治す際に、細胞が死なないようにできることとはなにかといえば、

  • 消毒をしない
  • 傷口をかわかさない

この二点です。

「消毒をしない 傷口をかわかさない」の画像検索結果 湿潤療法 - health main 0812 - 消毒や絆創膏が妨害していた?湿潤療法で傷跡が残らずきれいに治る理由

 

傷口を生きた細胞で埋めるのが早く治して傷跡を残さない秘訣

 湿潤療法のいちばん大切な点は、その名前ともなっている、湿らせて潤すというところです。

 湿潤療法(モイストヒーリング)とは、患部を乾かさないように密封して湿気を保つことで、人間が本来持っている自然治癒力を引き出す治療法です。

 人間が本来持っている、皮膚を再生して傷口をふさごうとする働きを引き出すためには、細胞が活発に動く環境が必要です。

 傷によってむき出しになった表皮、真皮は、すぐ近くを血管が流れているために、滅多なことでは死なず、感染にも非常に強いのですが、唯一の弱点が、乾燥です。

 つまり、乾燥さえさせなければ、人間の皮膚である表皮や真皮は、みるみる新しい皮膚を再生して、切れた傷口を元通りくっつけてしまうというわけです。

「モイスチャーヒーリング テレビ」の画像検索結果 湿潤療法 - img kutuzure 03 - 消毒や絆創膏が妨害していた?湿潤療法で傷跡が残らずきれいに治る理由

絆創膏やガーゼが傷の治りを妨害していた!

 今見てきたように、傷を塞ぐには、細胞の活発な働きが必要になります。そのためには、傷口を細胞が働きやすい環境にすることが大切なのです。そのために、湿潤療法ではその名の通り、傷口を湿らし潤します。

 ところが、絆創膏やガーゼは傷口の水分を吸い取るだけでなく、通気性もあるために、傷口を乾燥させてしまうのです。

 すり傷等に絆創膏を貼っていて、カサブタができた人なんかも多いかと思います。カサブタとは細胞組織が破壊されて死んだ残骸です。かさぶたができるということは、傷口の状態が、治癒に適していないという証拠です。

スポンサーリンク

湿潤療法 - 18b9d6b560af5e036ecc9f69ba871960 01 - 消毒や絆創膏が妨害していた?湿潤療法で傷跡が残らずきれいに治る理由

 湿潤療法では、文字通り傷口を湿らせて潤しているので、細胞が破壊されることなく、活発に活動します。

 その活発な細胞の働きが、傷の治りを早くして、傷跡を元通りに再生してくれるのです。

  その細胞の働きを奪い、細胞を殺してしまうのが、ガーゼであり、ばんそうこうだったのです。

創傷治療の新常識!傷口はラップで包めば傷口がきれいになる?

 では、傷口を直し、皮膚を再生するための細胞の働きを活発にさせるためには、どうすればいいのでしょうか。

 湿潤療法、モイスチャーヒーリングの第一人者として名高い夏井睦先生は次のように言っています。

「創面を湿潤に保つ」ことである。湿潤に保てるのであれば,その手段は何だっていい

傷口を湿らせておくことで、皮膚を再生させる細胞が活発に活動できるようになり、それが傷の治りを早くし、また傷跡が残らないようにきれいに皮膚を再生してくれるのです。

 湿らせておく、湿潤状態をつくるために用いるものは、サランラップでもいいし、ビニールでもいいし、湿潤状態をたもてるなら、絆創膏でもガーゼでもいいし、軟膏を塗っても、ワセリンを塗ってもいいのです。

 ここでポイントとなるのは、浸出液です。

湿潤療法 - 135ad1f3ab4b3e4860edaa62e2674587 01 - 消毒や絆創膏が妨害していた?湿潤療法で傷跡が残らずきれいに治る理由

傷口のジクジク液は膿ではなく傷をきれいに早く治す成長因子だった?

 傷口から膿が出ているということは、傷口が化膿していることを意味します。化膿しているということは、傷口が細菌に感染していることなので、速やかにその感染源を取り除かなければなりません。

 膿が出たままの状態ということは、細菌が増殖している状態なので、最悪の場合、傷口が腐ってしまい、その毒が体をめぐれば、命を落とす危険性さえあります。

 ところが、多くの場合、今まで膿で化膿していると思っていたものは、膿ではないどころが、逆に傷を塞ぎ皮膚を再生する成長因子だった可能性が大いにあるのです。

 つまり膿だとおもって一生懸命取り除いていた行為は、逆に傷の治りを妨害している行為だったわけです。

夏井睦先生は次のように言います。

 皮膚や皮下組織の感染は,皮膚常在菌単独で起こすことは可能である。その場合,組織1gあたり10万個から100万個の細菌が必要とされている。つまり,皮膚常在菌単独で化膿させようとすると,とんでもない量の細菌が必要なのだ。
 しかし健康人で,これほどまでに細菌が増えることはほとんどない。ということは,細菌単独で感染を引き起こすのは,予想以上に大変なことであり,ほとんど起こらない現象だといえる。

 となれば、傷口から出てくるジクジクした黄色や白の液体はなんだったのであろうか?実はそれが傷口をふさぎ、皮膚を再生させるための成長因子だったのです。

 湿潤療法では、このジクジクの液体である滲出液、成長因子をラップなどで傷口に満たされるように保護するために、傷口がより早く塞ぎ、そして傷跡が残らないような形で傷跡が消えるわけです。

 しかしもし、成長因子である滲出液だと思っていたものが実は化膿したことを示す膿で、そのまま放ったらかしていたら、取り返しの付かないことになりかねません。

 よって、傷口から出るジクジク液が化膿していることを示す膿なのか、成長因子である滲出液なのかを見分けることこそ、この湿潤療法における、一番のポイントとなります。

そのポイントは炎症の四兆候といわれる次の4つになります。

  • 発赤 (赤くなる)
  • 発熱 (熱が出る)
  • 疼痛 (痛い)
  • 腫脹 (腫れる)

 この4つの兆候がなければ膿ではないのですが、そうは言っても傷口から出てくるグロテスクな色の臭気を帯びた液体を見ると、どうしてもそれがそのまま傷口にあったら危険だと思ってしまう人がほとんどでしょう。

 湿潤療法の第一人者であり伝道師である夏井睦先生は「見た目では判断しないことが大切」だといいます。つまり、「膿が出ているが痛みはない」傷は炎症は起きていないし、「臭いがするが痛みがない傷」は化膿していません。今まで化膿していたと思っていたものは、ほとんどが化膿ではなかったし、よほどのことがなければ化膿しないのです。

 しかしながらそれでも不安と思うのでしたら、湿潤療法のことを理解している医者に見て判断してもらうのがいいでしょう。

まとめ

今でこそ、徐々にポピュラーになりつつある湿潤療法。しかしながら今まで常識とされてきた傷の治療をまったく否定する方法なので、未だに信じられずにいる人も多いのではないでしょうか。

 現代人は西洋医学的な、薬に頼る、薬が治す的な発想が染み付いているために、消毒によってバイキンがなくなり、軟膏によって皮膚がくっつくと思い込んでいるでしょうが、じつははじめから人間の体がもっている自然治癒力により、何もしなくても、バイキンを殺し、傷がくっついて、皮膚が再生されていくものです。

 たしかに薬が必要な場合もあるのも事実で、その兆候を見逃したら、大変なことになることもあります。よって、湿潤療法の手順を、たんにその上辺だけの手順を真似するのではなく、それぞれの手順の意味をよく考えた上で、上手に自分の体の自然治癒力を引き出し、傷を治すようにしましょう。

  • +2
  • -0
  • 2 ratings
2 ratingsX
Like! Dislike!
100% 0%
スポンサーリンク

こちらもお読みください

首イボ - 2e39aa29491de0ab933901a976172789 04 - 首イボやポツポツを自分で取る方法と絶対に気をつけること

首イボやポツポツを自分で取る方法と絶対に気をつけること

Sponsered link

One comment

  1. 消毒や絆創膏が妨害していた?湿潤療法で傷跡が残らずきれいに治る理由 – https://t.co/IfSMWqdBNz https://t.co/gRJObg3Gdg

コメントを残す