Sponsered link

この記事を読むのに必要な時間は約 14 分です。

 首にできるイボ、通称首イボは老人の証拠だと思っていたのに、いざ、歳を重ねて、いつのまにか、自分の首にもイボができていることに気づくと、焦りますよね。

 イボは老化現象の一つでもあって、年をとるほど、イボが出やすくなります。そうしたイボは良性で、取るのも簡単ですが、中には悪性腫瘍のイボや、イボに見えて実はガンであることもあります。

 自分でイボを取る前に、最低限これだけは知っておきましょう。

ほとんどのイボは安全だけど厄介でもある

 そもそもイボとは何でしょうか?イボは皮膚の小さなキズから感染して起こる感染症で、殆どの場合は無害なものです。なら自分でイボを取ってしまっても大丈夫なのでしょうか?

 安全なイボであれば、治療も難しいことはなく、医者であっても場合によってはハサミでチョキンと切り取っておしまいということもあるほど簡単なものです。

 しかし、まれに悪性腫瘍の場合もあります。その見分けは専門医でも難しく、悪性の腫瘍、あるいはガンであるにもかかわらず、ハサミでチョキンと切ってしまうと、イボが増殖してしまったり、をれが原因で命を落としてしまうこともないわけではありません。

 ほとんどのイボは安全なものではありますが、安全ないぼか、安全ではないイボなのか、それを見分けるのは非常に難しいのが、いぼの厄介なところなのです。

良性のイボ

アクロコルドン・スキンタッグ

首イボ - 2e39aa29491de0ab933901a976172789 02 250x186 - 首イボやポツポツを自分で取る方法と絶対に気をつけること

摩擦や紫外線などでできるもので、イボというよりもシミみたいです。年をとるほどできやすくなります。アクロコルドンが大きくなったのがスキンタッグです。
放っておいても大丈夫です。
自分で取ってしまっても問題ありません

軟性線維腫・懸垂性線維腫

首イボ - 2e39aa29491de0ab933901a976172789 04 250x146 - 首イボやポツポツを自分で取る方法と絶対に気をつけること

ぷっくりと膨れたもので、いわゆるイボはこの軟性線維腫・懸垂性線維腫を指す場合がほとんどです。軟性線維腫がより巨大化して垂れ下がったようになったものが懸垂性線維腫です。

悪性のイボ

有棘細胞癌

「有棘細胞癌」の画像検索結果 首イボ - 564c674a4a3de3ea495a2f844018b216 250x198 - 首イボやポツポツを自分で取る方法と絶対に気をつけること

皮膚がんの一種で、放置するとリンパ節転移、全身転移し、命の危険をおこす危険な悪性腫瘍です。 

基底細胞癌

「基底細胞癌」の画像検索結果 首イボ - zu 06 - 首イボやポツポツを自分で取る方法と絶対に気をつけること

放置すると浸潤性にどんどん拡大し潰瘍を形成するが、切除すればすぐに収まります。

ボーエン病

診断: ボーエン病
 首イボ - img0053 - 首イボやポツポツを自分で取る方法と絶対に気をつけること

放置すると有棘細胞癌へ進行するので、手術が必要になります。

悪性黒色腫

首イボ - hifu15 - 首イボやポツポツを自分で取る方法と絶対に気をつけること

いわゆるほくろのガンと呼ばれるものですが、イボのようにもみえることがあります。皮膚悪性腫瘍の中でも悪性のものなので、怪しい場合は医者の判断を仰ぎましょう。

専門医に見てもらったほうがいいイボにみえるガンの特徴

 悪性のイボのなかでも特にヤバイのがイボに見えるガンです。これも通常のイボとの見分けに関して、なかなか外見から判断するのは難しく、その見分けは最終的には専門医の判断を仰ぐべきですが、ここでは簡単な見分け方法を紹介します。

  • イボの数が急激に増える
  • 同時期に首以外にもイボができる
  • イボに痒みがある
  • 形が不ぞろい、非対称
  • 色に濃淡がある
  • 徐々に大きくなる
  • 直径が6mm以上になってきた
  • 治りにくい湿疹、できもの
  • かさぶたや治ったりを繰り返す
  • 急に盛り上がったり、デコボコしだした

と、これらの特徴だけを聞いても、なかなか判断しづらいと思います。そこで判断の手助けになる画像をご紹介します。

首イボ - 2e39aa29491de0ab933901a976172789 01 - 首イボやポツポツを自分で取る方法と絶対に気をつけること
大阪府済生会富田林病院

この画像。実は左が通常のホクロで右が皮膚がんだそうです。素人にはどちらも同じイボにしか見えないのではないでしょうか。

 あくまでも上記に挙げたのは簡易的な判断材料なので、素人判断しないようにしましょう。

皮膚がんは初期の段階であれば、完全に除去することができるので、少しでもおかしいなとおもったら、早めに専門医の検診を受けることを強くおすすめします。

図5・有棘細胞がん・基底細胞がんのステージ 首イボ - G0000195 0007 0002 - 首イボやポツポツを自分で取る方法と絶対に気をつけること  

有棘ゆうきょく細胞がん・基底きてい細胞がんのステージ
進行度
[ステージ]
0期
がん細胞は表皮内にとどまっている
I期
がんは2㎝以下の大きさ、真皮しんぴまたは皮下ひか組織までにとどまっている
II期
がんは2㎝を超える大きさ、真皮または皮下組織までにとどまっている
III期
皮下組織を超え、筋肉や骨などに広がる、またはがんからもっとも近いリンパ節に転移あり
IV期
内臓など遠い臓器に転移あり

専門家医はイボの切除をどうやるか?

 良性のイボであれば、わざわざ医者にやってもらわなくても自分で取るのも簡単ではありますが、簡単なイボ取りを、専門医はどのようにやっているのでしょうか?

液体窒素による凍結療法

 綿棒などにマイナス196℃の溶けたドライアイスのような液体である液体窒素をひたして、それをイボに押し付けることで、イボを低温やけど状態にして、イボの細胞を壊死させていくという方法です。

 この方法が一番ポピュラーで、比較的安全で大げさな設備や準備も必要なく、保険も効くために、非常に安価に治すことができます。しかし、一度だけで治らないことが多く、何度か通院する必要があります。

 料金はトータルで保険診療で5000円ほどです。

レザー治療

 レーザー治療はその名の通り、最先端技術です。レーザーによって表面を薄く削っていくので、治療したあとが非常にきれいなので、美容外科などで好んで使われます。

 痛みを伴うのですが、通常であれば局所麻酔と併用するので、痛みの心配はありませんし、施術は一回で終わります。

 ただし、施術料は高額になり、その上、保険も効きません。だいたい5万円ほどかかります。

スポンサーリンク

「イボ レーザー」の画像検索結果 首イボ - ba hokuro ibo aza pic12 - 首イボやポツポツを自分で取る方法と絶対に気をつけること

切開手術

 切開手術が行われるのは、イボが悪性のもので、皮膚の内部にまで及んでいるがん細胞などを切除、取り除く際などに用いられることの多い手法です。

 殆どの場合は局所麻酔と併用されるので、痛みの心配はありませんが、手術後の跡は、手術の軽重によって残ったり、残らなかったりで一概にはいえません。

 腫瘍が皮膚の深いところまで到達していれば、深く切り取るために傷も残るでしょうし、浅い切除ですめば、傷跡もそれほど残らないでしょう。

自分でイボを取る方法

ハサミや爪切りでイボを直接切り取る

聞いただけで背中に寒気が走りますが、意外と痛みもなく血も出ないで切り取れてしまうこともありますし、逆に痛いし血が出てくることもあります。

 専門医がハサミで除去する場合は、通常であれば局所麻酔と併用するので、痛みを感じることもありませんし、また流血を伴った場合、その流血を止血するための準備も整っています。

 ハサミでちょん切ってしまうというのは、手っ取り早い方法ではありますが、衛生状態に気を配らないと、傷口から感染を起こしてしまうこともありますし、なんせ、痛いか痛くないかは切ってみないとわからないという、ロシアンルーレット状態なので、よほどのマゾでもない限り、おすすめしない方法です。

ドライアイスで焼いて除去する

 医者に行くとほとんどの場合は液体窒素を使用して除去する方法が用いられます。簡単にできるし比較的安全に施術できるので、イボの場所によっては、自分でもできるかもしれないと思う人も多いかと思います。

 しかしながら、マイナス196℃という液体窒素を手に入れることは難しいのが現状です。

 しかしながらマイナス79℃と、少々温度は高いけれども、ほぼ液体窒素と同じような効果を期待できて、かつ入手も比較的かんたんなのが、ドライアイスを使用した方法です。

 ドライアイスは、大きなスーパーなどに行けば無料でもらえることもありますし、またサーティーワンなどのアイスクリーム専門店などでもアイスを購入すると、冷却材としてくれることがあります。

 そのドライアイスを細かく砕いて、ピンセットなどでつまんで、イボのところに押し付けます。イボの状態によっては、ほとんど痛みを感じないかもしれません。

 一度でイボが取れることはまれなので、また日にちをおいて、イボが完全に取れるまで、何度もやる必要があります。

首イボ - 2e39aa29491de0ab933901a976172789 01 250x188 - 首イボやポツポツを自分で取る方法と絶対に気をつけること
【画像あり】ドライアイスでウイルス性イボを焼いてみました【完治】

お線香で焼いてイボを取り除く

 液体窒素やドライアイスの場合は、極度に低い低温で火傷状態にしてコブの細胞組織を壊死させる方法でしたが、もちろん逆に普通に高温でやけどをさせる方法もあります。

 線香で焼くとしてありますが、別にハンダゴテでも熱したドライバーでもなんでもいいのですが、線香が一番入手もしやすく、また、温度も一定でかつ扱いやすいので、より安全にイボ切除の施術を行うことができます。

 これも一度でイボが除去できることはまれなので、何度も繰り返し施術することになります。また、線香のように高温で焼く場合、低温でやくよりも、跡が残りやすいので、目立たない部位の除去にとどめておいたほうがいいかもしれません。

首イボ - 2e39aa29491de0ab933901a976172789 05 250x151 - 首イボやポツポツを自分で取る方法と絶対に気をつけること

糸を使ってイボを縛って取り除く

 糸を巻きつかせることのできるくらいの大きさのイボであれば、イボを縛ってイボを除去するということもできます。

 これは、糸でイボを縛ることによって、イボの細胞に栄養が行き渡らないようにして、壊死させるという作戦です。

 やり方は、できるかぎりのイボの根元の方に、糸をきつく縛り、そのままにしておきます。

 この方法は、ほとんど痛みを感じることなくイボを除去することができますが、欠点として日数がかかるのと、イボ除去中はその部分が非常に目立つことです。

 イボ除去は早い人で4日、遅くて10日ほどかかるのですが、その間はずっとイボに糸を巻き付けた状態にして置かなければなりません。

 また、イボが取れかかっている状態のときは、イボが水ぶくれしたり、イボが取れるときは、少々血や液体が出たりすることもあります。

首イボ - 2e39aa29491de0ab933901a976172789 06 250x188 - 首イボやポツポツを自分で取る方法と絶対に気をつけること
首にぽつぽつと出来た角質粒をやっつけよう!

クリームを塗ってイボをとる際に注意すること

 一番痛みもなく、施術も安全で、また傷跡も目立たずにイボをとることができるのが、クリームを塗ってイボを除去する方法です。

 もちろん塗るクリームは、イボを除去することのできる有効成分の入ったクリームでなければなりません。一般的にイボ除去に有効な成分としてポピュラーなのはサルチル酸ですが、これは足のようなかなり厚い角質層などにできるイボを除去する際に有効な成分ですが、首のような敏感な部分にできるイボにサリチル酸を用いるのは、逆に危険です。

 首イボに最適な有効成分とは、ヨクイニンエキスや杏仁オイルであって、サルチル酸ではありません。そのことは、イボコロリの注意書きにも、「首などの皮膚のやわらかい部分」には使用しないでくださいとはっきりと述べられています。

首イボ - 2e39aa29491de0ab933901a976172789 01 161x250 - 首イボやポツポツを自分で取る方法と絶対に気をつけること
横山製薬 イボコロリ製品紹介

首イボに有効な成分であるヨクイニンと杏仁オイル

ヨクイニンエキスはもともと漢方薬で使われていたエキスで、ハトムギの種皮を取り除いたものを熟成した生薬です。

 昔からイボや角質をきれいにするということで重用されてきました。

 また杏子の種子から絞って得られるエキスである杏仁オイルもお肌に潤いを与える効果があり、またイボを取りやすくするということで昔から医者などが好んで使用してきたものです。

こうした有効成分がはいったクリームはいろいろなものが発売されています。

 薬局などにもありますし、通販でも手軽に購入することができます。以下のクリームなどが有名です。

首イボ - 2e39aa29491de0ab933901a976172789 07 250x152 - 首イボやポツポツを自分で取る方法と絶対に気をつけること
クリアポロン
  • +1
  • -0
  • 1 rating
1 ratingX
Like! Dislike!
100% 0%
スポンサーリンク

2 コメント

コメントを残す