ホーム » 美容 » まつエクを放置しても大丈夫か?オフしたほうがいい場合と取り外し方

まつエクを放置しても大丈夫か?オフしたほうがいい場合と取り外し方

Sponsered link

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

 「まつエクが崩れてきたからメンテに行きたいけれども、新規よりも割高になるから」「エステに行く時間がなかなかなくて」と様々な理由で、まつエクを放置しようと考えている人、あるいはまつエクを放置しちゃっている人も多いのではないでしょうか。

 でも、まつエク放置して大丈夫なのでしょうか?まつエク放置すると何がまずいのでしょうか?  

放置すると半年で全部抜け落ちる

 まつ毛は体の他の毛と比べても、その生え変わりの周期が短く、一か月で一ミリから三ミリ程度成長し、だいたい三か月から半年ぐらいで抜け落ちて新しいまつ毛がまた生えてきます。

 よって、まつ毛に接着しているまつエクの寿命も、三か月から半年というところでしょう。

 しかし、まつ毛一本一本のコンディションや接着状況などが異なるため、まつエクが一気にごっそり抜け落ちるということはありません。

 あるまつエクは一か月もしないうちに抜け落ちたり、あるまつエクは二か月目で接着が取れてしまったりとで、まつエクのついているまつ毛、ついていないまつ毛と時間がたつにつれ、だんだんまばらになっていきます。

まつエク放置しちゃって大丈夫?エステサロン生活

ひどくなっていくまつ毛の印象に耐えれるか?

まつエク放置で何が一番困るのかというと、きれいだったまつ毛の形がどんどん崩れていってしまうことです。

 気を付けていても、洗顔の際に取れてしまったり、まつ毛が抜けてしまったりで、まつ毛が抜けた場所だけまばらな感じになってきて、初めの印象とどんどん変わってきてしまいます。

 まつ毛の見た目が崩れてきたら、マスカラなどでごまかして、全部抜けたら再びまつエクに行くという人もいますが、全部抜けるまでは三か月以上はかかるので、我慢できなければ、メンテナンスに行くのがいいでしょう。

まつ毛が伸びてエクステ接着部分も根元から毛先に移っていくために、まつ毛の重心が変わり、まつエク取り付け時のバランスも崩れていきます。

 そうなると、やはり気になってまつエクをあれこれいじってしまい、よけいまつエクが崩れていってしまうという悪循環が起こります。

 放置すると決めたのであれば、極力いじらないようにすることが、悪化を防ぐ唯一の手段です。

まつエク放置しちゃって大丈夫?エステサロン美容

まつエクのメンテナンスは3週間から4週間

 まつエクを常にきれいな状態に保っておきたいという人は、だいたい3週間から4週間の周期でサロンに通います。

 もちろんその周期では、まつ毛はまだ生え変わっていないので、まだまつエクが付いたままのまつ毛もあれば、抜け落ちてしまっているまつ毛もあったり、あるいは接着がはがれてしまったまつエクなどもあり、まつ毛はまばらな状態です。

 そこで、施術者はまつ毛一本一本の状態を見て、まつエクを増量したり、取れかかったまつエクを接着しなおしたりするので、新規でまつエク施術するときよりも、非常に手間がかかります。

 そのため、まつエクのメンテナンスは新規の時よりも割高の料金になることが多いです。

 そのため、メンテナンスを全くせずに、まつエクを放置してすべて抜け落ちたら、また新規で行くという人も結構いるのです。

まつエク放置しちゃって大丈夫?エステサロン美容 1

放置すると危険なまつエクの見分け方

自毛とエクステンションを接着するグルーは非常に強力なので、きちんと施術されていれば、ずっと放置していても大丈夫です。

しかし、それは正しい施術できちんと接着している場合のまつエクに限ります。

スポンサーリンク

 正しい接着とは、まつ毛とエクステが線で接着している状態のまつエクです。

もしエクステが自毛と点付け状態で、根本が浮いていると、瞼を閉じるたびに目の周りや、眼球をエクステが突き刺す状態になるために、最悪の場合、まぶたや眼球を傷つけてしまうことになります。

 最悪の場合は眼球が充血して真っ赤になったり、まぶたが腫れてぱんぱんになって、オシャレどころではなくなります。

まつエクを放置しても大丈夫か?オフしたほうがいい場合と取り外し方美容マツエク

 まつエクが取れかかっているからと言って、それを隠すためにつけまつげを付けたり、マスカラを塗ってごまかすというのは、見た目はごまかせるかもしれませんが、取れかけたまつエクが、洋服に引っかかったり、タオルやコットンがまつ毛に絡まったり、取れかかったまつ毛が眼球に刺さって思わぬ眼病を招くことになります。

この場合は放置は危険です。すぐに取り外す必要があります。

まつエク放置しちゃって大丈夫?エステサロン美容 4

まつエクの取り外し方

 まつエクを取り外す、いわゆるリムーブは、専門のエクステサロンに任せるのが一番安全です。しかし費用がかさむ、サロンに行くのが面倒だという理由で、どうしても自分で取り外したいという人もいるでしょう。

 自分で取り外す場合、一般的にクレンジングオイルがよく利用されます。というのも、まつエクのグルーはオイルに弱いため、オイルをしみこませると、しばらくすればポロっと取れます。また、クレンジングオイルは一般の人でもドラッグストアなどで簡単に手に入るからです。

 しかし、クレンジングオイルの場合、とれるまで、グルーにクレンジングオイルをしみこませて、まつエクが取れるまでの待ち時間がけっこうかかるのと、狙ったまつエクだけを取り除くといったピンポイントの取り外しが難しくなります。

 まつエクをクレンジングで取り外そうとする場合は、すべてのまつエクをオフする覚悟で行うしかありません。

  プロが使用するのは、クレンジングオイルよりもより強力に素早くきれいにとれる、まつエク専用リムーバーです。これは非常に早く、きれいにとることができます。

 そのため、狙ったまつエクをピンポイントで取り外すという使い方もやりやすいです。しかし、リムーバー液は強力だけあって、目に入ると非常に染みます。そうした危険性もあり、一般ではなかなか手に入れるのも難しいでしょう。

 専用リムーバーの染みようといったら、まるで目を針で突っつかれたかのような痛みです。よって、リムーバー液を利用して、まつエクを自分で取り外そうとしたものの、あまりの難しさと痛さに断念して、結局サロンに行って取り外してもう、という人も結構います。

 自分でやるなとは言いませんが、とにかく慎重に行いましょう。

まつエク放置しちゃって大丈夫?エステサロン美容 3
プロでさえ難しいまつエクの取り外し

まとめ

 目元のボリュームアップで、すっぴんでも簡単に盛れちゃうまつエクは、多くの女性にとって非常に魅力的なメイクアップでしょう。しかし、まつエクは人工毛であっても、その土台は成長している自毛なので、メンテナンスは欠かせません。

 あるいは、多少の見栄えを犠牲にして放置してしまうしかないでしょう。

 またまつエクの状態によっては、まつエクを取り外す必要も出てきます。目は非常に敏感な場所なので、少しでも異常を感じたら素早く何らかの対処をしましょう。

スポンサーリンク

おすすめ記事

こちらもお読みください

マツエクで目が充血して赤くなったり痛い時に使う目薬と治す方法美容マツエク 6

マツエクで目が充血して赤くなったり痛い時に使う目薬と治す方法

Contents放置すると半年 …

コメントを残す