お酒を飲んでも酔わない方法!飲み会や宴会の前に飲んでる最中に飲んだ後にすべきこと

酔わないためには、酔う原因を知ろう

 お酒を飲むと酔っぱらうことは誰でも知っているでしょう。しかし、お酒を飲んでも酔っぱらわないようにすることまで知っている人は、なかなかいません。

 お酒を飲まなければ酔っぱらわないのは当然ですが、多くの人が知りたいのは、お酒を飲んでも酔っぱらわない方法でしょう。

酔っぱらわずにお酒を飲むことができるのでしょうか?人間の体は、アルコールを消化し分解する働きを備えているので、微量をゆっくり飲んでいけば、酔わずにお酒を飲むことができます。しかし、アルコールを分解することができる量は、本当に少量ずつなので、普通にお酒を飲むと、人間の体の処理能力を簡単に超えてしまい、酔っぱらってしまうことになります。

 しかしながら、お酒を飲むとなぜ酔っぱらうのかを理解したうえで、酔わないような対策をすることで、酔ってしまったとしても、浅い酔いで終わらせることができたり、酔いが早く冷めるようにすることができます。

 そのためにも、まずお酒を飲んで酔う原因を理解しましょう。なぜお酒を飲むと、酔っぱらうのでしょうか?

 それはずばり、お酒の成分であるアルコールが脳をマヒさせるからです。ということは、つまり、お酒が脳に到達しないようにすれば酔わないのです。

 酔う原因は、アルコールが脳に到達するからであり、アルコールが脳に到達しなければ酔わないのです。

お酒を飲んでも酔わない方法!ドリンク選びで二日酔いも予防しよう生活 2

飲んだお酒が脳に到達して酔っぱらうまでのメカニズム

 お酒を飲むと、アルコールは胃に運ばれ、胃で吸収しきれないアルコールは小腸に運ばれます。胃では20%が吸収され、小腸で80%吸収されて血液に溶け込み、肝臓に運ばれます。

 肝臓でアルコールが分解されてアルコールは消えるのですが、少しずつしか分解できないために、残りの大部分のアルコールは心臓に送られて、そこから全身に送られ、それが脳にも到達することになります。

 アルコールを飲んでから、上記のプロセスを経てアルコールが脳に到達するまでは最低30分はかかるので、飲み会の席を早めに切り上げれば、酔わずにその場を離れることはできるでしょう。

 肝臓がアルコールを処理していく前にどんどん飲み続ければ、血液中に溶け込むアルコールがどんどん増えて、より多くのアルコールが脳に到達し、よりたくさんのマヒが起こり、酔いが深くなるのです。 

酔うとはつまり脳の機能障害

 ここで注意したいのが、酔っぱらうということを軽く考えている人が多いのですが、酔っぱらうということは、脳の働きがマヒさせられてしまったことであり、つまり、脳の機能障害が引き起こされている状態なのです。

 いわゆるほろ酔い状態は、気分がよく、快活な気分になるかもしれませんが、そのまま酔いが進行すれば脳のマヒ状態が悪化し、体は思い通り動かなくなり、記憶はなくなり、大小便は垂れ流しとなります。

 とうぜん、体が言うことをきかなくなるために、生理的な危険もありますが、物理的な危険も生じます。

ロシアでは毎年冬に、酔っぱらった人がそのまま外で寝てしまい、凍死するという事故が後を絶ちません。

お酒を飲んでも酔わない方法!ドリンク選びで二日酔いも予防しよう生活 3

 そうした脳のマヒの危険のほかに、飲み過ぎれば、アルコールを分解する肝臓もオーバーワークとなり、肝臓が回復不能までに破壊され、肝硬変を引き起こしてしまうこともあるのです。

 そうした危険性を理解したうえで、酔っぱらわないためにも、そもそもお酒を飲まない工夫をすることも非常に大切です。 

酒を飲んでも酔わない方法の3つのポイント

 酔わない方法のキモは、結局のところ、アルコールが脳に到達しないような工夫です。

お酒を飲んでも少量であればアルコールは肝臓で分解されて脳に到達することはありません。しかしながら、奈良漬や、ウイスキーボンボン程度のごく少量のアルコールを摂取しても、体質によっては酔ったような症状が出る人もいるほどアルコールの影響は強力なので、お酒を飲んで全く酔っぱらわない、というのは難しいかもしれませんが、しかしながら、酔いを少なくする、酔いを抑える、酔いを早く終わらせることは十分可能です。

 そういう意味で、お酒を飲んでも酔わない方法として、できることは三つです。

 一つ目ははそもそもアルコールを摂取しない努力、二つ目はアルコールを吸収されないようにすること、三つめは吸収されてしまったアルコールを分解してしまうことです。

1、アルコールを摂取しない努力

 お酒を飲んでも酔わない方法であるのに、お酒を飲むなというのは矛盾しているかもしれませんが、お酒を飲むけど、アルコールを摂取しないようにする工夫はたくさんあります。

  • アルコール分の少ないお酒を選ぶ
  • 水割り、お湯割り、ソーダ割などでお酒を薄める
  • お酒を断るセリフを覚える

お酒を飲んでも酔わない方法!ドリンク選びで二日酔いも予防しよう生活 4

2、アルコールが吸収されないようにする

 飲んだお酒が体の中ると、吐き出さない限り、アルコールは体に吸収されることになります。吸収されたアルコールは分解され、分解されきれないアルコールは全身をめぐって脳に到達することになります。

 この時に、アルコール分解の処理能力を超えないように、緩やかにアルコールが体内に吸収されるようにすれば、脳に到達するアルコールの量を減らすことができ、結果的に酔いを最小限に抑えることができます。

 では、ゆっくりとアルコールが吸収されるようにするためにできることは何があるでしょう。

  • 多くのものを胃の中に入れておく
  • 脂肪分で粘膜を防御する
  • 水分を多くとってアルコールを薄める

2、アルコールを素早く強力に分解する

 体内に吸収されないようにしても吸収されてしまうアルコール。吸収されるとアルコールは肝臓で分解されることになります。

  • 肝臓がよく働くように体調を整えていく
  • アルコールを分解する肝臓の働きを促す栄養素を摂取する。

お酒を飲む前にすべきこと

 十分な対策をすれば、お酒を飲んでも酔わない、もしくは酔ってしまったとしても、浅い酔いで済ませることが可能です。

 お酒を飲む前に酔わないためにできる対策はアルコールが体内に吸収されにくくしておくことと、アルコールが早く分解されるように肝臓の働きを活性化させておくことの二つです。

アルコールが吸収されにくくする

 どんなに対策をしても、結局はアルコールは体内に吸収されてしまうことになるのですが、肝臓がアルコールを分解することのできる速さは非常に遅いので、その肝臓のアルコール分解の速度に合わせて、アルコールがゆっくり吸収されていくようにすれば、より穏やかな酔い、浅い酔いで済ませることができるのです。

 アルコールが胃で吸収されにくくするには、胃袋を空にしておかないことが大切です。なぜなら、胃袋に食べ物が入っていれば、アルコールが体内に吸収される前に、胃袋で滞留する時間を稼ぐことができるからです。

 体に吸収されてしまうと、肝臓の処理が追い付かないために、吸収されたアルコールは大部分がそのまま血液中に溶け込み、より多くのアルコールが脳に到達してしまうことになるので、アルコールが血液に溶け込まないように、胃の中で滞留させておくことは、酔わないために大変有効な手段です。

 そこでよく言われるのが、バター類、チーズなどの脂肪分やヨーグルトや牛乳などの乳製品を取るといいというアドバイスですが、それほど効果ないどころか、逆効果になりかねないことも多いようです。

 牛乳や脂肪分を含むものを胃の中に入れておくことで、胃に粘膜が作られるために、アルコールの吸収が緩やかになり、酔いにくくなるというものですが、しかしながら、先に説明したように、胃で吸収されないアルコールは小腸にいって吸収されることになりますし、胃や小腸の全面に牛乳や脂肪分でバリアすることは不可能です。そもそもアルコールの成分は牛乳を簡単にすり抜けてしまいます。よって胃や小腸にバリアを作るために牛乳や脂肪分を取るというのは、あまり意味がないとするのが、一般的な見解になりつつあります。

 たしかに酔い止めの習慣として、ロシアではバターを、地中海ではオリーブオイルを飲みますが、まったく何もしないよりも、いくらかましになるという程度でしょう。むしろ、脂肪分は消化が難しいために、消化器官や肝臓に余計な負担をかけることになるため、肝心な肝臓によるアルコールの分解を妨げられてしまうことにもなりかねません。

 酔いにくくするために、あらかじめ何かを食べるのであれば、できる限り、消化器に負担をかけない、消化のいいものを食べておくことがいいでしょう。

お酒を飲んでも酔わない方法!ドリンク選びで二日酔いも予防しよう生活ラーメン 4
お酒を飲む前にはミネラルやタウリンが豊富に含まれる昆布のおにぎりがおすすめ

肝臓の働きを活性化させておく

飲んだアルコールは全て肝臓によって処理されます。肝臓がより早くアルコールを処理することができれば、脳に到達するアルコールも減り、酔いも浅く済みます。

 よって、酔いたくないときには肝臓にフル回転で動いてもらうように準備しておくことが有効です。

 まず、非常に基本的なことですが、体調を整えておくことです。肝臓をフル回転で働かせるには、体調を整えておくことは非常に大切なことです。

 次に肝臓の働きを高めておきましょう。

肝臓によいとされているものには、クエン酸、タウリン、アリシリンなどがあります。

アリシンを多く含んでいる食材で有名なのはニンニクです。他にもニラや長ネギ、玉ネギなど、香味野菜と呼ばれるような野菜に多く含まれています。比較的手に入りやすいですし、居酒屋などで出てくる料理にもあることが多いので、お酒を飲む際に、積極的に注文するのもよいでしょう。

タウリンを多く含むものは海藻類です。飲みに行く前に、コンビニで昆布のおにぎりなどを食べるのもいいでしょう。クエン酸は柑橘類に多く含まれます。飲みに行く前に、柑橘系のドリンクを飲んでおくのもいいでしょう。

 ウコンなども、お酒の酔い止め対策によいとされていて、ウコンを含んだドリンクもたくさん販売されています。また、最近ではトマトがいいこともわかってきています。

 飲む前は胃腸が元気なので、どんなものでも飲んだり食べたりしやすい状態ですので、酔いに効くとされるものをできる限り多く飲んだり食べたりしておきましょう。

お酒を飲んでも酔わない方法!ドリンク選びで二日酔いも予防しよう生活ラーメン 3

お酒を飲んでいるときにすべきこと

 酔わないようにするためには、酔ったとしても最小限に酔いを抑えるためにも、飲んでる間にできることはたくさんあります。

 もちろんお酒を飲む前にやるべきことをお酒を飲んでいる間にやってもいいので、できる限りのことをしましょう。

アルコールを摂取しないでお酒を飲むことができる!

 酔わないためにする一番確実で効果があることは、アルコールを摂取しないことです。皆さんが知りたいことは、お酒を飲んでも酔わない方法だから、飲まないというアドバイスは無意味と思うかもしれませんが、工夫次第では飲んでいるように思うけど、実はアルコールの摂取をすくなくすることができる方法はあります。

 では具体的にどうすればいいのでしょう。

お酒を飲んでも酔わない方法!ドリンク選びで二日酔いも予防しよう生活ラーメン 2

a.アルコール度数の少ないお酒を選ぶ

まずはアルコール分の少ないお酒を選ぶようにしましょう

それぞれのお酒のアルコール度数は次の通り
  • ビール…4~6度
  • マッコリ…7度
  • 日本酒…15~16度
  • ワイン…10~15度
  • 焼酎…20~25度
  • ウィスキー…38~42度
  • ブランデー…38~42度
  • シャンパン…10~12度

。この表のアルコール度数の数字だけ見ると、ビールが一番アルコール度数が少ないので、ビールが一番アルコール摂取しなくて済むお酒なのかと思うかもしれませんが、実はそうでもないのです。というのもビールは水で薄めたりすることはありませんし、時間がたつほど、炭酸が抜けてまずくなるので、原液をハイピッチで飲む傾向があります。一方、ビールよりも俄然アルコール度数が高い焼酎ですが、たいていは水やソーダなどで割りますし、時間がたっても味が変わることが少ないので、ゆったりと飲まれるお酒です。

 そうしたことから、必ずしもこの表のアルコール度数の数値だけ見て、アルコール度数が少ないということだけで、そのお酒ばかり飲むと、かえってアルコールを余計に摂取してしまうことにもなりかねないので、そこに注意しましょう。

b.お酒を飲んでも酔わない飲み方

 宴会や飲み会で、どうしてもお酒を飲まないわけにいかない。そういう場面があると思います。そうした時、お酒を飲んでいるように見えるけど、アルコールはなるべく摂取しないようにすれば、酔いも抑えることができます。

 具体的にどうすればいいのでしょう?それは次のようにすれば、お酒を飲んでいるように見えながらも、アルコール摂取を抑えることができます。

  • ゆっくり飲む
  • 水割り・お湯割り・お茶割・ソーダ割など割って飲んだり氷を入れて飲む
  • とにかく食べる

 まず、ゆっくり飲むというのは、非常に大切です。人間の肝臓がアルコールを処理できる量は非常にゆっくりなので、一気にたくさん飲むと、処理しきれないアルコールは即座に血液中に流れ、全身を回ってしまうことになります。

 肝臓がアルコールの処理するペースに応じてゆっくり飲めば、アルコールが血液中に流れ出る量も減らすことができ、それが結果的に酔いを抑えることにつながります。

 次に、お酒は必ず水、お湯、ソーダ、ウーロン茶、なんでもいいので、割って飲みましょう。お酒を割ることで薄めれば、当然アルコールの含まれる量も減りますし、かつ、周りの人には、きちんとお酒を飲んでいるように映るので、お酒の付き合いが悪い、なんて思われるようなこともなくなる、ちょっとしたトリックです。

 そして最後は、とにかく飲みながら食べることです。難しいことが嫌いな人は、どの食べ物がいいかとか、あまり気にせず、とにかく何でも食べてしまいましょう。食べることでお腹を満たせておけば、お酒を体に吸収させず、胃袋で滞留させておくことができますし、食べておなかが膨れれば、生理的にそれほど飲み物も受け付けなくなってくるので、一石二鳥です。

 

お酒を飲んでも酔わない方法!ドリンク選びで二日酔いも予防しよう生活 5

酒の席で酔わないために食べるべきものとは

お酒を飲むときは、同時進行で食事をすることも多いと思います。その際、何を食べるかによって、より効果的に酔いの進行を抑えることができ、また二日酔いを防止することができます。まず積極的に食べたいものは、たんぱく質を多く含むものです。なぜなら、肝臓はアルコールを分解する際に、たんぱく質を必要とするからです。

お酒を飲んでも酔わない方法!ドリンク選びで二日酔いも予防しよう生活

その中で特に注目したいのが豚肉。豚肉にはビタミンB1が多く含まれるのですが、アルコールを大量に摂取した時、肝臓がアルコールを分解する際に必要になるのがビタミンB1です。よって、アルコールをたくさん飲んだ人は、ビタミンB1が不足しがちになります。逆に言えば、ビタミンB1を多く摂取しておくことで、より早く強力にアルコール分解を進めることができるのです。

お酒を飲んでも酔わない方法!ドリンク選びで二日酔いも予防しよう生活 1

ちゃんぽんすると酔いやすくなる?

違う種類のお酒を次々に飲むことを、ちゃんぽんすると言いますが、ちゃんぽんすると、酔いやすくなると一般的に言われています。しかし、違う種類のお酒を飲むことによって、酔いやすくなるということはありません。直接酔いに影響があるのは、アルコールの摂取量であり、お酒の種類とは関係ありません。

 ただ、ちゃんぽんをすることで、意図せず飲酒量が増えて、結果的にアルコールを多く摂取し、酔いやすくなるという、間接的な効果があるために、ちゃんぽんはすべきではありません。

お酒を飲み終わった時にすべきこと

 お酒を飲み終わって既に酔っぱらってしまっていたとしても、その酔いを早く終わらせるためにできることはあります。なによりも、そのまま何もせずにいれば、次の日に、二日酔いになって苦しい思いをすることになりかねません。そうしたことにならないためにも、飲み終わった直後に次のことをしましょう。

たくさんの水を飲む

アルコールには利尿作用があるために脱水症状になりやすくなります。脱水症状を起こし、水分が失われると体は大変危険な状態になります。具体的には血液濃度が高くなることで、血液がドロドロ状態になります。これによって血行が悪くなり、体調不良が悪化するだけでなく脳梗塞や心筋梗塞などを誘発する可能性もあります。

 お酒を飲んだ後は、とにかくたくさんのお水を飲むようにしましょう。

お酒を飲んでも酔わない方法!ドリンク選びで二日酔いも予防しよう生活ラーメン 1

アルコールを分解する 

 アルコールを直接分解することができる栄養素や、ドリンクを積極的に活用しましょう。アルコールを分解するものとして有名なのが、ウコンですね。ウコンドリンクは、コンビニでも手に入るので、ウコンを飲むのもいいでしょう。

また、イノシン酸もアルコールを中和してくれる成分です。これは豚骨スープにたくさん含まれているので、飲んだ後に、〆のラーメンに誘われたら、豚骨ラーメンを食べるようにしましょう。

お酒を飲んでも酔わない方法!ドリンク選びで二日酔いも予防しよう生活ラーメン

アルコールで肝臓が破壊されることを防ぐ

アルコールは肝臓で分解されますが、その際に副産物としてアセトアルデヒドという物質が作られます。このアセトアルデヒドというのは大変毒性のつよい物質で、これが二日酔いの症状の原因を引き起こし、気持ち悪くなったり、頭が痛くなったり、吐き気がしたり、食欲がなくなったりします。

 アセトアルデヒドは建築ではシックハウス症候群の原因ともなっているほど危険な発がん性物質でもあり、長く体内にとどまると、様々な障害を引き起こすことになります。

 このアセトアルデヒドも再び肝臓によって無害化され、体外に排出されるのですが、その過程で、肝臓が破壊されてしまいます。

お酒を飲んでも酔わない方法!ドリンク選びで二日酔いも予防しよう生活 6

 肝臓は比較的回復力が強い臓器ではありますが、回復力を超える飲酒量があったり、回復する際に必要な栄養素(亜鉛など)が不足していると、機能低下が進行し、それがアルコール性脂肪肝、ひいては肝硬変の病気を引き起こす原因となります。

 肝臓が一度破壊されると、二度と元に戻ることがありませんので、お酒を飲みすぎたなと思うときは、なるべく早めに、肝臓の機能を回復させるための栄養分を補給することを心がけましょう。

 アルコールによる肝臓破壊の際によく用いられるのが、牡蠣のエキスが入ったサプリメントです。

<【牡蠣侍】業界トップクラスの亜鉛含有量18mg

コメントを残す