風邪を引いた時こそ食べよう!症状に応じた料理と食事の方法

風邪を引いた時こそ食事をしよう!  「風邪を引いたらい医者に行って抗生物質をもらいにいこう!」なんていうことが、今までまことしやかに言われていました。薬局にいけば、風邪を引いた時のための薬がたくさん売られています。まるで風邪が薬で治るかのような宣伝のしようです。  しかし、それは落とし穴なのです。  …
Read More...

加湿器の驚くべき効果とは予防接種より安全なインフルエンザ対策!乾燥肌には効果なし?

インフルエンザウィルスは加湿器で撃退できる!  冬になると空気が乾燥します。だから加湿器が必要になる、それは決して間違っていません。  暖房を使っていて、喉がカラカラになるから、なんとなく良さそうということで使っているかもしれません。それもあながち間違ってはいませんが、実は加湿器を使うべきもっと重要な理由があります。  それは加湿することでインフルエンザウィルスを撃退できるのです。 乾燥化がどんどん進む日本の冬…
Read More...

ナンバ歩きのウソとホント?左右同じ側の手足を同時に出す効果とは?

古来の日本文化ナンバ歩きで新記録達成!  アジア人には圧倒的に不利だと言われている陸上短距離において、2003年6月の日本陸上競技選手権大会の男子200mで20秒03のアジア新記録を出した末續慎吾。その勝因として「ナンバ走りの動きを意識して走った」と語ったことによって、突如脚光を浴びはじめたナンバ歩き。  聞き慣れない言葉、「ナンバ」と、新記録を打ち出したというタイミングも相まって、大変な注目を集めました。  …
Read More...

オロナインパックで皮膚障害も?危険なほど角栓が取れる理由

傷を治すはずのオロナインで皮膚障害に?   「オロナイン軟膏を約1週間塗布したと ころ,頚部全体に淡褐色の枇糠疹様落屑を認め, さらに10日後にはちりめん雛様の落屑となり,乾 燥感緊張感を訴えるに至った」というのは23歳の女性である。二週間オロナインを塗ったとされるやはり23歳の女性の場合は、高度の落屑を生じ発赤をも伴ったという。  これは東京女子医科大学の中村敏郎教授によって報告された「オロナイン皮膚症」という論文に写真付きで紹介されている症例だ。…
Read More...

トップモデルが確実にやせるために薬を使う理由

実は安全で確実なダイエット薬?ダイエット薬と聞いて多くの人が思い浮かべるのが、「危険性」「副作用」といったネガティブなイメージではないでしょうか。しかし、そんな危険なものが、わざわざ医療現場で使われるわけがありません。そもそも危険であれば、薬としての認可が下りません。 また、薬として承認されるには、数多くの臨床試験によって薬を服用したことによる効果が出なければなりません。 よって、薬として販売されているダイエット薬は、安全かつ強力にやせることができるのです。 
Read More...