Browsing Tag

日焼け

バイオレット光が近視を止める!眼鏡をかける前に知っておくべき新常識

屋外に豊富なバイオレット光が近視を抑制する  外にいると近視になりにくいというのは研究者の間ではよく知れた事実でしたが、なぜ屋外環境が近視の進行を抑制するのかに関して、そのメカニズムはわかっていませんでした。  慶応大学医学部眼科教室の坪田一男教授らは、その原因がバイオレット光にあるということを突き止めました。 現代社会に欠如しているバイオレット光が近視進行を抑制していることを発見…
Read More...

目の日焼けで黒目に異常!93%のサーファーを襲う眼病の対策

ジョギングや子供も目の日焼けで危険に  金沢医科大の佐々木洋教授(眼科学)のグループが2009年に、茨城県の大洗海岸でサーファー百十一人を対象に行なっった眼科検診によると、92・8%もの人が白目部分に変性したタンパク質の盛り上がりができる「瞼裂斑(けんれつはん)」にかかっていて、更に症状が重い眼病である、白目の表面を覆う結膜が黒目(角膜)に侵入、黒目が白目に侵食されたように見える「翼状片」にいたっては10%も確認できたといいます。  …
Read More...

サングラスの選び方は機能を知ると変わる?紫外線カットで美肌効果も

サングラスは絶対に必要なもの?   オーストラリアではサングラス着用を義務付けている小学校もあるというのをご存知ですか?日本ではサングラスをかけているのは、お洒落の一環、ひどい場合には、あの人、カッコつけている、位にしか思わないかもしれません。あるいはせいぜい、まぶしいのを防いでくれる、位にしか考えていない人も多いのではないでしょうか。  しかし、紫外線のつよい地域では、サングラスは生きていくのに必要なものなのです。…
Read More...

ほくろ除去のおすすめは?レーザーから自分でやる方法まで徹底解説

そもそもホクロとは何なのか? ほくろ除去を考える前に、まず最低限、ほくろのことを知っておきましょう。 ほくろは皮膚の一部にメラニン色素を含む細胞(メラノサイト)が、周囲より高い密度で集まってできた母斑の一種です。わかりやすく言えば、皮膚の下の一部分に何らかの理由で小さなシミが密集したものです。誤解を恐れずいえば、黒くなった皮膚の一部。これは、遺伝でできる場合もあれば、日焼けなどで紫外線を浴びすぎてできることもあります。  …
Read More...

日焼けがヒリヒリで真っ赤!痛みをとる正しい方法と市販クリームの選び方

正しい手順で正しい処置をすれば痛みも引くしあとも残らない 日焼けをしすぎたせいでヒリヒリして痛い。皮膚は猿のお尻のように真っ赤。しかも火照っているし、体もなんとなく、だるくて調子悪い。 大丈夫かなぁ、と不安になりますよね。 いろいろな対処方法が言われていますが、それらの意味と正しい手順を施すことで、より早く痛みも取って、さらに日焼け後がシミやそばかす、シワを防ぐことができます。 そのためにも、それぞれの処置の意味を理解して、正しい手順で処置をしましょう。…
Read More...