ヘアケア/育毛生活

産後の抜け毛がひどい場合どうすればいいのか?

このままハゲてしまうかも?出産後誰もが味わう恐怖

出産という大変な時期を終えたと思っても、今度は赤ちゃんを育てなければならず、なかなか一息つくというわけにいきません。

そんな折に、気が付いたら、髪の毛が薄くなってきた、抜け毛が増えてきてびっくり。

歳のせいなのか、子育てストレスのせいなのか?このままハゲてしまうのか?

実はこれは、多くの女性が出産後に経験する現象です。

髪の毛の量に変化のない人もいることは居ますが、8割の女性は出産後に何らかの髪の毛のトラブルに遭遇します。

 放っておけば治る場合がほとんどですが、とはいえ、さすがに毛が抜けると焦りますよね。

適切な手入れをすれば、ある程度は予防することができます。

産後の抜け毛がひどい場合どうすればいいのか? 1

出産後に髪の毛が抜ける2つの原因

出産後に髪の毛が薄くなる原因は体の内部的な原因と外部的な原因の2つです。この原因を理解しておくことは、抜け毛を減らす上で大変重要ですので、よく理解しておきましょう。

体の中の変化

基本的には、産後に頭髪が減少するのは、この体の内部の変化によるものが主な原因です。

出産の前と後では、体の中では大きな変化があります。それは女性ホルモンの変化で、妊娠中には女性ホルモンが増え、それに連れて髪の毛が増えることもあるのですが、出産を機に女性ホルモンは減少するために、抜け毛が増えてしまうことがあります。

産後の抜け毛がひどい場合どうすればいいのか? 3

体の外の変化

出産というなれない環境に置かれることによって、多くの女性は不安や、ストレスなどに悩まされます。また、赤ちゃんを育てる際に、生活が不規則になって寝不足になったり、食事がなかなか撮れなかったりなどということが重なり、そうしたストレスや頭髪への栄養供給の大きな障害となって、頭髪の減少につながることがあります。

 これが体内のホルモンバランスの崩れなどと相まって、抜け毛をさらに増やしてしまうことになります。

こうした体の外の変化に対しては、同じ悩みを持つ、子育てママさんたちと交流することによって、悩みが解決できたり、また心の重荷が軽くなることもあるので、積極的に、産後のママさんたちと交流することをおすすめします。

 地域の文化センターなどに、産後ママさんのための交流の場、ヨガ教室であったり、エアロビクスであったりとありますので、そういうところに参加するのもいいかもしれません。

2013/02/28 13:58

出産後の抜け毛はいつ始まりいつまで続く?

 出産中に増えていた女性ホルモンも、出産直後から減少していきます。それに応じて髪の毛も減っていくのですが、多くの場合、出産後から一ヶ月ほどたってから抜け毛が目立つようになります。体内のホルモンの分泌の周期から、抜け毛が始まるタイミングは遅くても六ヶ月ほどですが、中には、まったく抜け毛が見られない人も居ます。

 そしてたいていは、時間がたって体のホルモン環境が整いだせば、髪の毛の抜け毛がとまり、髪の毛のボリュームも元通りに戻り始めます。だいたいそれは早くて出産後から半年、遅くとも一年後には治ると言われています。

 しかし、前日したとおり、出産後はそうした体内の環境の変化だけでなく、ストレスや不規則な生活リズムなどの体外の環境の変化も大きいために、そうしたことの原因が尾を引いて、抜け毛が長引いてしまうことも多々あります。

 あるデータによると、出産後80%の人が産後に何らかの頭髪の減少を経験し、その中で一年以内に頭髪の量が戻らないと感じる人は45%にものぼるそうです。

 ホルモンバランスの崩れという、生理的な現象によって頭髪の量に変化が生まれるのですが、それと相まって子育てという過酷な環境に置かれるために、何も対策しないと、髪の毛が抜けたまま戻らないということになるようです。

 あまりにも抜け毛が多いと感じる人は、積極的に何らかの対策をしておくべきでしょう。 

今すぐ出産後の抜け毛を止めるには?

出産後の抜け毛の対策は2つのアプローチがあります。一つは今ある髪の毛の抜け毛を止めること、もうひとつは新しい髪の毛を早く増やすことです。

 これもまた、通常の抜け毛対策、育毛、発毛対策とは違い、産後抜毛という特有の状況に応じた対策をする必要があります。では、順をおって、見て行きましょう。

今すぐ出産後の抜け毛を止める

出産後の頭髪の減少を止めることはできません。なぜなら、それはホルモンの分泌のバランスの崩れによって、新しい髪の毛が増えにくくなってしまっているからです。抜ける一方の髪の毛ですが、その抜け毛を極力減らす努力はできます。

具体的に何をすればいいかというと、出産後の抜け毛を止めるのに、一番手っ取り早いのは、頭皮の潤いを上手に保つことです。

出産後は、ホルモンバランスの崩れや、母乳などから赤ちゃんに養分を取られたりすることなどから、皮膚への栄養分の補給がおざなりになり、多くの妊婦さんは肌がカサカサになります。

 同時に頭皮も乾燥した状態なので、髪の毛が非常に抜けやすくなってしまいます。そこで、頭皮に潤いを補うことで、髪の毛が抜けにくくすることができるのです。もちろん、顔や手などの保湿と違い、頭皮の環境に応じた保湿をする必要があります

 それには、頭皮専用の保湿剤を使用するといいでしょう。頭皮保湿は、主にフケ対策用のものがおおいですが、産後抜毛に特化した製品もあります。

薬用ユースキンS ローション 頭皮を含め全身に使えるローション。
頭皮の乾燥、乾燥肌だけでなく、アトピーにも効果あり。
医者でステロイドを処方されたが合わなかった方などが効果を実感。
赤ちゃんにも使えるほど低刺激で肌にも優しい。
ソンバーユ No.5 毛髪用 (毛根源)80ml【HTRC3】 言わずと知れた乾燥肌売上№1のソンバーユ。
頭皮の血行を良くする効果もあるので乾燥を原因から治療する効果もあるローション。
頭皮に使う場合は指先につけて軽く頭皮を揉むようにして使うとさらに効果的。
ノブ 薬用スカルプローション 80ml フケを集中ケアする頭皮専用の薬用ローション。
マラセチアの発生を抑制するヒノキチオール成分配合でフケに効果を発揮。
頭皮の乾燥をかゆみを抑える効果や抜け毛が減ったとの声もある万能ローション。
大島椿 頭皮のためのオイル 90g 【HTRC2.1】 安心ブランドの大島椿による頭皮専用ローションオイル。
スプレータイプのため、いつでも手軽に使えます。
成分はツバキ油100%。頭皮の保湿・柔軟・保護・清浄効果により乾性フケに効果を発揮します。

早く新しい髪の毛を増やす

新しい髪の毛を早く増やすのに、手っ取り早いのは育毛剤を利用することです。

通常、食事などを改善したところで、それが実際に発毛につながる効果につながるには、半年ほど要しますし、食事などは大変根気が必要になるものです。それにくらべて育毛剤のような医薬品は、その効果が認められたものなので、確実にスピーディーにその効果を得ることができます。

育毛剤は薬だからということで抵抗のある方もいるかと思いますが、今では母乳などに影響の出ない、産後脱毛症専用の育毛剤などもあるので、そうしたものを利用するのもいいでしょう。

Angel ReLien(エンジェルリリアン) 産後抜毛専用の育毛剤
特に頭皮の保湿に重きをおいている
産後に特有の女性ホルモン減少を補う成分も含有されている
母乳などへにも配慮されている
高価ではあるものの返金保証がついている
angere(アンジュレ) 産後抜毛専用の育毛剤
髪にいい天然成分を多く含有
女性ホルモン減少を補う成分も含有されている
高価ではあるものの返金保証がついている

 まとめ

産後は特に敏感なあかちゃんに影響を与えないようなことを配慮すべきです。

男性が用いる医薬品の発毛剤などには、女性はもちろん、あかちゃんも触れてはいけないと言われている強力な医薬成分(プロペシア)などが含まれたものがあるので注意が必要です。

また、赤ちゃんが生まれたばかりでは、授乳などもしなければなりません。

できるかぎり、低刺激なものを選ぶようにしましょう。

Show More

Dr.健康

どんな素晴らしい情報でも難しすぎて理解できなければ役に立ちません。高度な知識を誰にでもわかるように紹介するのが、新聞の役目だと考えています。元医療コーディネーターとしての経験と知識を生かして、皆さんが健康に、そして美しくなるための情報をお届けします。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Close