保存版!コンドームの正しくない使い方が非常時に役立つ?

 コンドームは性病や避妊に役に立つだけでなく、生活の非常時のいろいろな場面でも役に立てることができます。これらを見れば、コンドームを常に携帯したく成ること間違いなしです。  それでは早速、コンドームがどういう場面でどのように役に立つかをご紹介します。 入浴、プールや海での水浴びで傷口に水が入らないようにする…
Read More...

首イボやポツポツを自分で取る方法と絶対に気をつけること

 首にできるイボ、通称首イボは老人の証拠だと思っていたのに、いざ、歳を重ねて、いつのまにか、自分の首にもイボができていることに気づくと、焦りますよね。  イボは老化現象の一つでもあって、年をとるほど、イボが出やすくなります。そうしたイボは良性で、取るのも簡単ですが、中には悪性腫瘍のイボや、イボに見えて実はガンであることもあります。  自分でイボを取る前に、最低限これだけは知っておきましょう。 ほとんどのイボは安全だけど厄介でもある  …
Read More...

消毒や絆創膏が妨害していた?湿潤療法で傷跡が残らずきれいに治る理由

 怪我をしたら、傷口をマキロンなんかできれいに消毒して、メモやオロナインH軟膏みたいな軟膏を塗ってガーゼをあてたり絆創膏をはる。という人がほとんどではないでしょうか。しかし湿潤療法では、それは最もやってはいけないことなのです。  傷口からバイキンが入ったら、傷口が化膿してさらにひどい状態になるはずです。絆創膏を貼って置かないと、傷口にバイキンが入ってしまいますし、傷口から出てくる膿がそのままになって、さらに治りがおそくなってしまうのではないでしょうか?…
Read More...

新鮮でも危険?刺身やお寿司や海鮮丼の食中毒を防ぐ方法

 世界でも有数の海鮮大国である日本。 日本中どこでも、お寿司をはじめ、海鮮丼、そして居酒屋ではお刺身なんかもありますし、スーパーで、生魚をそのまま売っていて、自分でさばけたりもします。  日本では生の魚を食べる機会が多く、魚の種類なんかを知っている人は多いですが、意外と生の魚の食中毒に関しての知識に乏しい人が多いものです。  また近年、海外からの外国人観光客も増え、お寿司、お刺身、海鮮丼なんかでおもてなしをする機会も出てくると思います。  …
Read More...

ステロイドの塗り薬を副作用という危険承知で使うために知っておくべきこと

ステロイド薬という名前を聞くと、怖いイメージを持っている人もたくさんいるのではないでしょうか。  ステロイドは非常に効き目が強く、悩める人にとってはとても頼もしい薬ではあるのです。しかし、効き目が強い反面、副作用も非常に強いので、正しく使うための知識が非常に大切になってきます。  …
Read More...