消毒や絆創膏が妨害していた?湿潤療法で傷跡が残らずきれいに治る理由

 怪我をしたら、傷口をマキロンなんかできれいに消毒して、メモやオロナインH軟膏みたいな軟膏を塗ってガーゼをあてたり絆創膏をはる。という人がほとんどではないでしょうか。しかし湿潤療法では、それは最もやってはいけないことなのです。  傷口からバイキンが入ったら、傷口が化膿してさらにひどい状態になるはずです。絆創膏を貼って置かないと、傷口にバイキンが入ってしまいますし、傷口から出てくる膿がそのままになって、さらに治りがおそくなってしまうのではないでしょうか?…
Read More...

新鮮でも危険?刺身やお寿司や海鮮丼の食中毒を防ぐ方法

 世界でも有数の海鮮大国である日本。 日本中どこでも、お寿司をはじめ、海鮮丼、そして居酒屋ではお刺身なんかもありますし、スーパーで、生魚をそのまま売っていて、自分でさばけたりもします。  日本では生の魚を食べる機会が多く、魚の種類なんかを知っている人は多いですが、意外と生の魚の食中毒に関しての知識に乏しい人が多いものです。  また近年、海外からの外国人観光客も増え、お寿司、お刺身、海鮮丼なんかでおもてなしをする機会も出てくると思います。  …
Read More...

ステロイドの塗り薬を副作用という危険承知で使うために知っておくべきこと

ステロイド薬という名前を聞くと、怖いイメージを持っている人もたくさんいるのではないでしょうか。  ステロイドは非常に効き目が強く、悩める人にとってはとても頼もしい薬ではあるのです。しかし、効き目が強い反面、副作用も非常に強いので、正しく使うための知識が非常に大切になってきます。  …
Read More...

【完全攻略】あせもの治し方と正しい薬の使い方でかゆみやヒリヒリとおさらば

かゆいあせもがヒリヒリし始める前に対処しよう  最近はエコ志向の高まりによって、猛暑などでもエアコンの設定温度を高めに設定するところも多いせいか、子供のみならず大人でも隠れあせもに悩む人が増えてきています。  そしてあせもに対しての正しい知識がないために、かえってあせもを悪化させてしまい、あせもを長引かせてしまったり、とびひをおこしてしまったりすることになります。   …
Read More...

ファンデーションのムラの直し方!崩れる原因を理解しよう

ファンデーションのムラができやすい場所 分厚く塗ったはずなのにファンデーションが崩れてきてしまう。ファンデーションを変えてみたけど化粧の崩れが直らない。 ファンデーションの崩れが起こりやすいのはだいたい決まっています。 その場所とは、目元、眉、唇、口周り。これらに共通することはなんでしょう?すでにお気づきのかたもいるかと思いますが、これらの箇所は、非常に動きのある場所です。 ファンデーションにムラができる原因…
Read More...